2019年1月30日(水)

土浦、霞ケ浦湖畔に開所

特別養護老人ホーム滝田

Loading...
明るい日差しが差し込むデイルーム
明るい日差しが差し込むデイルーム

社会福祉法人桜水会(小松負h司理事長)が運営する特別養護老人ホーム滝田が、このほど土浦市内に開所。入居やショートステイのほか、デイサービスの利用者を募集している。

霞ケ浦湖畔の約7000平方メートルの敷地に建つ施設。広い廊下と個室浴、明るく開放的なサロンなどを備え、中庭には心安らぐ日本庭園がある。80床のベッドは落下や施設内の徘徊(はいかい)防止も考慮した「超低床式」で、扉で簡単に仕切れるためプライバシーも万全。

また、交流やレクリエーションなどを目的としたデイルームやリハビリを行う機械訓練室なども完備され、先日開かれた内覧会には約200人の家族連れが市内外から訪れた。

小松風搦亦キは「優しいおもてなしの心を持ったスタッフがアットホームな環境でお出迎えします。是非一度ご覧いただければ」と話している。同施設では随時デイサービス(2月1日金利用開始)の無料体験会を行っている。

■申し込み・問い合わせ
[TEL] 029(875)5771/特別養護老人ホーム滝田(土浦市滝田1-10-2)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2019-01-30 09:30:47]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング