茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年1月) > 住民手作りイルミ点灯中
地図表示 印刷表示
2019年1月25日(金)

住民手作りイルミ点灯中

みんなの「たまり場」に冬の輝き

区長の齋田文彦さん(中央)とイルミ担当の藤掛さんと柏戸さん。「子どもにとってふるさとの思い出になるとうれしい」=緑ケ丘区民会館
区長の齋田文彦さん(中央)とイルミ担当の藤掛さんと柏戸さん。「子どもにとってふるさとの思い出になるとうれしい」=緑ケ丘区民会館

牛久市の緑ケ丘区民会館(南5-19-37)敷地に地元住民が飾り付けたイルミネーションが、1月31日(木)まで点灯している。午後5時〜9時。

普段から憩いの場となっている行政区の広場に冬場の楽しみを作ろうと柏戸房夫さん(71)らが発案し2013年にスタート。全体のレイアウトを考える柏戸さんと電気配線が得意な藤掛敏雄さん(72)などが住民から募った不用品の電飾などを活用し、毎年11月頃にボランティアで飾り付けている。

今年も高さ約4メートルのツリーをはじめ、星型のオブジェや広場に面した斜面のブロック塀などが約7000個のLED(発光ダイオード)電球を昨年11月から点灯。住宅街に浮かび上がるイルミは幹線道路沿いからも見えるため、地区外から立ち寄る人も多い。

柏戸さんらは「行政区の皆さんに応援してもらったおかげで続けて来られました。『今年はいつからやるの?』と聞いてもらえるなど、楽しみにしてくれるのがうれしいですね」と話している。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-01-25 08:30:30 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-20更新 ]
  1. 食と医療のプロを養成するつくば栄養医療調理製菓専門学校(牛久市)の学園祭「つくば晃陽祭」が、11月23日(祝)と24日(日)に行われる。
  2. 幅広い世代が楽しめる秋季恒例イベント「フェスティバル神立」が、11月17日(日)神立小学校校庭を会場に開かれる。
  3. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  4. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
  5. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  6. デザイン・コスト・健康に優れた家づくりを提唱する古谷ホームの「自然素材をふんだんに使った健康住宅内覧会」が、11月23日(祝)と24日(日)守谷市立沢の現地で開かれる。
  7. フォトグラファーの小松由佳さんを講師に招いた人権教育講演会が、11月23日(祝)午後1時半から常総市生涯学習センターで開かれる。
  8. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  9. 「守谷市ふくしまつり」が、11月16日(土)同市役所で開かれる。
  10. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  2. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 看護師のアートフラワー展
  2. 11月23日と24日、晃陽祭
  3. 11月23日と24日、「健康住宅」内覧会
  4. 11月23日、小松由佳さん講演会
  5. かすみがうら市“仲人業”登録者に好評
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー