常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年1月) > 住民手作りイルミ点灯中
地図表示 印刷表示
2019年1月25日(金)

住民手作りイルミ点灯中

みんなの「たまり場」に冬の輝き

区長の齋田文彦さん(中央)とイルミ担当の藤掛さんと柏戸さん。「子どもにとってふるさとの思い出になるとうれしい」=緑ケ丘区民会館
区長の齋田文彦さん(中央)とイルミ担当の藤掛さんと柏戸さん。「子どもにとってふるさとの思い出になるとうれしい」=緑ケ丘区民会館

牛久市の緑ケ丘区民会館(南5-19-37)敷地に地元住民が飾り付けたイルミネーションが、1月31日(木)まで点灯している。午後5時〜9時。

普段から憩いの場となっている行政区の広場に冬場の楽しみを作ろうと柏戸房夫さん(71)らが発案し2013年にスタート。全体のレイアウトを考える柏戸さんと電気配線が得意な藤掛敏雄さん(72)などが住民から募った不用品の電飾などを活用し、毎年11月頃にボランティアで飾り付けている。

今年も高さ約4メートルのツリーをはじめ、星型のオブジェや広場に面した斜面のブロック塀などが約7000個のLED(発光ダイオード)電球を昨年11月から点灯。住宅街に浮かび上がるイルミは幹線道路沿いからも見えるため、地区外から立ち寄る人も多い。

柏戸さんらは「行政区の皆さんに応援してもらったおかげで続けて来られました。『今年はいつからやるの?』と聞いてもらえるなど、楽しみにしてくれるのがうれしいですね」と話している。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-01-25 08:30:30 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-07-22更新 ]
  1. つくば市主催の「つくばスポーツフェスティバル2019」が、7月20日(土)午前10時からつくばカピオで開かれる。
  2. つくば市内の6つの研究教育施設を巡るつくばサイエンスツアーバスが、7月20日(土)〜9月1日(日)まで特別運行する。
  3. オークラフロンティアホテルつくばの中国料理「桃花林」が、8月31日(土)まで人気メニュー「ホテル会員限定ランチコース」に高級料理の「北京ダック」を付けて提供する。
  4. 乳幼児から自由に遊べる森の中のプレーパークが阿見町内の里山で月1回開かれ、思い切り外遊びしたい親子の憩いの場となっている。
  5. 靴とインソールの専門店「てくてく館」では、外反母趾やひざ・足裏の痛みで悩む人向けの「靴とインソールの無料相談会」を、7月20日(土)〜8月6日(火)に開く。
  6. つくば市の花畑近隣公園プールが今年もオープンし、親子連れを中心ににぎわっている。
  7. 筑波大学体育系大藏研究室が、「12週間ビタミンB3類縁体サプリメント摂取研究」の参加者を募集している。
  8. グリム童話を再解釈した子ども向けの舞台「グレーテルとヘンゼル」が、8月3日(土)午後4時・4日(日)午前11時につくばカピオで上演される。
  9. 築40年の家をリノベーションした展示場が牛久市にオープンし、7月20日(土)と21日(日)見学会が開かれる。
  10. 湖上に真っ白い帆を掲げた勇壮な姿が見学船から間近で見られる観光帆引き船の通常操業が今月から行われるのを前に、かすみがうら市観光協会では乗船希望者を募集している。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. つくば市主催の「つくばスポーツフェスティバル2019」が、7月20日(土)午前10時からつくばカピオで開かれる。
  2. 小学生の7割以上が放課後に全く外遊びをしないー。こんな調査結果がこのほど公表され、保護者らから驚きの声が上がっている。急激な人口増加が続くつくば市内でも子どもが自由に遊べる場所は減少傾向に。「幼少期に手つかずの自然や外遊びを経験させたい」と活動する親たちを取材した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 舞台「グレーテルとヘンゼル」
  2. 靴とインソールの無料相談会
  3. 7月20日と21日、展示場オープンで見学会開催
  4. 「大子那須楮」の写真展
  5. つくばサイエンスツアーバス
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー