茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年1月) > 下妻の地酒「紫煌」発表
印刷表示
2019年1月28日(月)

下妻の地酒「紫煌」発表

ポピー酵母で仕込み

出来上がった酒を味わう酒米生産者=下妻市長塚乙のビアスパークしもつま
出来上がった酒を味わう酒米生産者=下妻市長塚乙のビアスパークしもつま

小貝川そばの公園に広がるポピーの酵母と、下妻市内で育てられた酒米「ひたち錦」を使った地酒の発表と試飲会が、このほど市内で開かれた。

地酒は行政、地元JA、酒米生産農家らでつくる同市特産品研究開発協議会内のプロジェクトチームが開発。平成27年のフラワーフェス終了後に採取したシャーレーポピーの酵母を使い、昨年1月に試作品が完成。同年9月に市内の約32アールのほ場で作られた1700キロの酒造好適米「ひたち錦」を用い、花酵母の醸造でノウハウのある来福酒造(筑西市)が仕込んだ。

名称は110件の一般公募の中から市内在住の小貫佐世子さんが考案した「紫煌(しおう)」に決定。同市を代表する黒蝶「オオムラサキ」がポピー畑を舞う様子をイメージした。

藤村俊文来福酒造社長によると、口当たりは酸味とキレのバランスが良く、「全国でもポピー酵母を使った酒は初めて」という。発表会であいさつした菊池博市長は「今後はふるさと納税の返礼品としても活用し、下妻の名前を広くPRしたい」と話した。

価格は1800ミリリットル(火入れ)2400円、720ミリリットル(同)=写真右=1250円、720ミリリットル(生酒)=写真左=1380円(いずれも税抜き)で、下妻マルシェ、ビアスパークしもつま、道の駅しもつまなどで販売中。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2019-01-28 10:30:24 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-20更新 ]
  1. 食と医療のプロを養成するつくば栄養医療調理製菓専門学校(牛久市)の学園祭「つくば晃陽祭」が、11月23日(祝)と24日(日)に行われる。
  2. 幅広い世代が楽しめる秋季恒例イベント「フェスティバル神立」が、11月17日(日)神立小学校校庭を会場に開かれる。
  3. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  4. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
  5. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  6. デザイン・コスト・健康に優れた家づくりを提唱する古谷ホームの「自然素材をふんだんに使った健康住宅内覧会」が、11月23日(祝)と24日(日)守谷市立沢の現地で開かれる。
  7. フォトグラファーの小松由佳さんを講師に招いた人権教育講演会が、11月23日(祝)午後1時半から常総市生涯学習センターで開かれる。
  8. 「守谷市ふくしまつり」が、11月16日(土)同市役所で開かれる。
  9. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  10. つくば市の酒寄医院(同市国松)の看護師が、診察の待ち時間に和んでもらおうと制作したアートフラワーアレンジメントの作品展が、11月20日(水)〜27日(水)まで筑波銀行本部ビルギャラリーで開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  2. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 12月19日「大人のプレミアムイベント」
  2. 看護師のアートフラワー展
  3. 11月23日と24日、晃陽祭
  4. 11月23日と24日、「健康住宅」内覧会
  5. 11月23日、小松由佳さん講演会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー