常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年1月) > 寿司職人の恵方巻き
印刷表示
2019年1月16日(水)

寿司職人の恵方巻き

江戸前寿司・天龍本店


創業70年の江戸前寿司・天龍本店では、節分に合わせた「寿司屋の恵方巻き」の予約を受け付けている。

熟練の寿司職人が上質なのりやこだわりのシャリを使って作る恵方巻きは、エビやアナゴ、かんぴょうなど8つの具材がたっぷり入った「寿司屋の恵方巻き」や「ねぎとろ恵方巻き」、「鉄火恵方巻き」の3種あり、各1200円。また、ウニやイクラ、カニが入った「豪華海鮮恵方巻き」(2500円)もある。1本につき吸い物1パックがサービス。各税別。

また、同店では新年会の予約も受け付け中。一人3000円から。プレミアム飲み放題や無料送迎(8〜100人)も対応。

営業時間/午前11時〜午後11時、無休。

Tel 029(855)6821/学園店(つくば市小野崎88-21)
Tel 029(832)2302/神立店(土浦市中神立町5-1)

記事配信 [ 2019-01-16 09:30:22 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-12-11更新 ]
  1. プロ野球ドラフト会議で巨人から3位指名を受けた常総学院高校3年菊田拡和内野手が、このほど土浦市内のホテルで仮契約を結び、プロ入りへの決意を新たにした。
  2. 2017年に出合ったスポーツ「スラックライン」に魅せられた梅原博さんが、その面白さを地域に広めたいと奮闘している。競技を続けながらインストラクターの資格も取得。体験会や教室、イベントなどを実施し、多くの人に魅力を伝えている。
  3. 10月に行われた第96回東京箱根間往復駅伝競走予選会で6位となり、26年ぶり61回目の本選出場を決めた筑波大学。クラウドファンディングで強化費を捻出し、文武両道の下で大会の原点に立ち返るプロジェクトに多くの支持が集まっている。「チーム筑波」で悲願を達成した弘山勉監督の目標は、偉大なる先輩金栗四三の視線と共にある。
  4. がん治療現場で働く歯科衛生士が「療養中の口腔ケア」について語るサロンが、12月12日(木)筑波大学附属病院で開かれる。
  5. 筑波大学発研究成果活用企業のTHFが、労働者の健康づくりを目的とした研究の有償協力者を募集している。
  6. レストラン・ミルフルールが、「洋風おせち」の予約を受け付けている。
  7. バレーボールVリーグ男子2部(V2)つくばユナイテッドサンガイアが、このほど土浦市霞ケ浦文化体育会館で臨んだ2日間のホームゲームで、今季初勝利を挙げた。
  8. 牛久市のガーデンレストラン・樹音が、特製フレンチおせちを受け付けている。
  9. フランス料理店「リヨン・ド・リヨン」が、毎年人気の「洋風おせち」の予約受け付けを開始した。
  10. レストラン「さくらガーデン」が、店の人気料理を詰め込んだ「おせちオードブル」の予約を受け付けている。
大人のプレミアムセミナー
注目の記事
  1. プロ野球ドラフト会議で巨人から3位指名を受けた常総学院高校3年菊田拡和内野手が、このほど土浦市内のホテルで仮契約を結び、プロ入りへの決意を新たにした。
  2. 自分らしく生きる方法を学ぶ「生前整理・生き活®セミナー」が、12月19日(木)つくば山水亭で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 特製フレンチおせち
  2. フレンチの技を凝縮
  3. がん患者と家族向けサロン
  4. 土浦で今シーズン初勝利
  5. 30〜50代の研究協力者募集
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー