常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 「ボランティアガイド」目指し歴史講座
印刷表示
2018年12月26日(水)

「ボランティアガイド」目指し歴史講座

牛久の市民有志団体


牛久の歴史を案内する「ボランティアガイド」の仕組みを来春にも立ち上げることを目的に、牛久の古代から近代までを学ぶ養成講座がこのほど開始。十数人の受講生が熱心に学んでいる。

「牛久には多くの歴史的な見どころがある一方、案内所やガイド本などがほとんど無い」と、市民有志でつくる景観まちづくりネットワークが講座を企画。同団体が7〜8年ほど前から取り組む市内歴史紹介ツアーの内容も踏まえながら、11月から月2回程度の連続講座をスタートさせた。

同ネット代表坂弘毅さん(75)が講師を務め、座学と現地歩きを重ねている。このほど行われた第3回では「牛久の天正18年」と題し、豊臣秀吉による小田原落城前後となる戦国時代の牛久の動乱の様子を、城跡や墓の写真を交えながら解説。

受講女性(64)は「20年ほど住んでいる街なのに知らないことばかりで家でも復習している。勉強になるし楽しい」と話した。

今後は水戸街道・牛久宿や開拓の歩み、日本初の本格ワイン醸造施設牛久シャトーの創設者・神谷傳兵衛などを題材に講座が続くほか、2019年4月には希望者らで「牛久歴史まち歩きの会」が始動予定。

「牛久の歴史や魅力は伝えきれないので、講座は立ち上げ後も継続しようと思います」と坂さん。受講は市内外を問わない。

詳しくはホームページ「牛久市景観まちづくりネットワーク」で検索。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-12-26 09:30:21 ]
ソーシャルサービスで共有:
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-11-19更新 ]
  1. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  2. 幅広い世代が楽しめる秋季恒例イベント「フェスティバル神立」が、11月17日(日)神立小学校校庭を会場に開かれる。
  3. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
  4. デザイン・コスト・健康に優れた家づくりを提唱する古谷ホームの「自然素材をふんだんに使った健康住宅内覧会」が、11月23日(祝)と24日(日)守谷市立沢の現地で開かれる。
  5. みずほの村市場牛久店の開店9周年記念イベント「みずほ牛久の村祭り」が、11月16日(土)と17日(日)に開かれる。
  6. フォトグラファーの小松由佳さんを講師に招いた人権教育講演会が、11月23日(祝)午後1時半から常総市生涯学習センターで開かれる。
  7. 自転車関連の催しを集めた「霞ケ浦サイクルフェスティバル」が、11月17日(日)土浦市の川口運動公園で開かれる。
  8. 「守谷市ふくしまつり」が、11月16日(土)同市役所で開かれる。
  9. 今春、かすみがうら市が運用を開始した婚活サポートセンターが登録者に好評を得ている。行政による“仲人業”を9年前に導入した常陸太田市の例を参考に、専門の婚活サポーターが親身なマッチングや交際後の見守りを実施。結婚を自己責任ではなく「地域の課題」として捉え直す取り組みに注目が集まっている。
  10. 約24.5万球のLEDライトによる華やかな冬のアート「水郷桜イルミネーション」の点灯式が、11月16日(土)午後5時から土浦市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場で開かれる。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. 相続や贈与などで土地を取得した人向けの「相続税対策セミナー」が、11月24日(日)常陽リビング社で開かれる。
  2. 全国のご当地カレーが勢ぞろいする「土浦カレーフェスティバル」が、11月23日(祝)と24日(日)J:COMフィールド土浦で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 11月23日と24日、「健康住宅」内覧会
  2. 11月23日、小松由佳さん講演会
  3. かすみがうら市“仲人業”登録者に好評
  4. 学ぼう、他では聞けない「新時代、相続税対策セミナー」
  5. 「れんこん祭」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー