常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年11月) > 出土品から学ぶ縄文時代の霞ケ浦沿岸
地図表示 印刷表示
2018年11月27日(火)

出土品から学ぶ縄文時代の霞ケ浦沿岸

12月2日まで、土浦で企画展

潮来市の狭間貝塚ではイルカの頭骨も発見されている
潮来市の狭間貝塚ではイルカの頭骨も発見されている

霞ケ浦沿岸の貝塚などの出土品から縄文時代の環境の変化や当時の人々の暮らしを学ぶ企画展が、12月2日(日)まで土浦市の上高津貝塚ふるさと歴史の広場で開かれている。午前9時〜午後4時半。

「霞ケ浦の海進と貝塚」「東京湾の海進と貝塚」「海進期の人々の暮らし」の3つのテーマで出土品256点を展示。霞ケ浦の高浜入りから約3キロほどにある石岡市三村の地蔵窪貝塚では海水で育つマガキやハマグリが出土。約8500年〜7000年前にはこの近くまで海が入り込んでいたことが分かるなど、霞ケ浦の変遷を伝える貝類ほか動物の骨などで作られた釣具なども紹介している。

このほか、貝塚で見つかった直径1aにも満たないツノガイを輪切りにしたビーズなどの加工品も展示。「海面上昇や当時の人々の暮らしや装いを教えてくれる貴重な資料です」と学芸員の亀井翼さん。

また、日本最古の貝塚の一つといわれる西の城遺跡(千葉県)やダイダラボウの伝説が残る大串遺跡(水戸市)などからの出土品も展示している。入館料一般105円、小中高生50円(土曜は小中高生無料)。毎週月曜、11月27日(火)休館。

■問い合わせ
Tel 029(826)7111/上高津貝塚ふるさと歴史の広場(土浦市上高津1843)

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-11-27 08:30:37 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-02-18更新 ]
  1. 数の計算や重さの計量など、暮らしの中で活躍してきた「はかる」道具を紹介する展示が、2月28日(木)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  2. 美術家の長浜悦子さんは娘の誕生をきっかけに、まるで和菓子のような色彩のひな人形を創作。造形作家として都内の動物園にあるゾウのモニュメントに携わる一方、3年前からは関東・東北豪雨で被災した郷里で作品展を開催。家のそこかしこに置ける小さなひな人形が2月21日(木)から市内でお披露目される。
  3. 「第37回建築家展」が、2月23日(土)と24日(日)につくば国際会議場で開かれる。
  4. テントウムシがトレードマークのパン店「コクスィネル」が、阿見町岡崎にこのほどオープンした。
  5. 県内の成長産業で働こうという「就職・転職フェア」が、イーアスつくばで2月19日(火)に行われる。
  6. 常総市内で一番高い豊田城(新石下2010)から平成最後のスーパームーンをめでる催しが、2月19日(火)に開かれる。
  7. 龍ケ崎市の天然温泉・湯舞音2階のフィットネス&スパ「アクシア」が、2月28日(木)までダイエット応援キャンペーンを実施している。
  8. トヨタホーム茨城では、つくば市の「ココチプレイス学園の森」来場者向けのバレンタイン月間特別企画を2月16日(土)と17日(日)、23日(土)、24日(日)現地で実施する。
  9. つくば市の取り組みなどを学ぶ「つくば人間学講座」が、2月16日(土)つくばイノベーションプラザで開かれる。
  10. 「常陸国龍ケ崎観桜会〜般若院のしだれ桜と平成の名桜」と題した講演会が、2月24日(日)龍ケ崎市立中央図書館で開かれる。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 星空の映像と生演奏の音楽を楽しめる「星空コンサート〜音楽とプラネタリウムのコラボレーション」が、2月17日(日)つくばエキスポセンターのプラネタリウムで開かれる。
  2. 「リーズナブル・おいしい・楽しい」がコンセプトの大衆ビストロYASUDAがこのほど、つくば市研究学園にオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 2月28日まで、昔のはかる道具展
  2. ASJの家づくりセミナー
  3. まるで和菓子のよう どこでも飾れる「おひな様」
  4. トヨタホーム茨城が学園の森でイベント
  5. 損をしないための相続税対策と生前贈与セミナー
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー