茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年11月) > マルシェと音楽フェス
地図表示 印刷表示
2018年11月1日(木)

マルシェと音楽フェス

11月3日、つくば・バスティーユで

ログハウス調の外観
ログハウス調の外観

ログハウスのカフェレストラン「バスティーユ」の移転1周年記念イベント「フード&ミュージックフェスタ」が、11月3日(祝)に開かれる。午前11時半〜午後5時。

2009年土浦カレーフェスティバルでグランプリを受賞したチャンピオンカレー(500円)が復活するほか、自家製骨付きスモークチキン(400円)をこの日限定で提供する。

野外のウッドデッキでは季節の酵母パンPUNCH(パンチ)(つくば市要)が風味豊かな天然酵母パンをマルシェスタイルで販売。そのほか、もつ煮や焼き芋、じゃがバターなどの屋台も登場する。

店内では、午後1時からアコースティックギターやピアノなどの無料ライブが行われ、食事をしながら楽しめる。「感謝の気持ちを込めたイベントです。ご家族でお越しください」と下野剛シェフ。

■問い合わせ
Tel 029(811)6098/つくば市高見原2-10-82(バスティーユ)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-11-01 10:30:40 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-01-16更新 ]
  1. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  2. オークラフロンティアホテルつくばでは、開業記念イベント第5弾として「YOSAKOIソーラン&大北海道ディナーバイキング」を2月16日(土)に開催する。
  3. 茨城の伝統料理「しもつかれ試食会&小田ツアー」が、2月2日(土)つくば市の古民家華の幹で開かれる。
  4. 後継ぎ対策など墓のあれこれについて学ぶ「お墓の市民講座」が、1月26日(土)つくば国際会議場で開かれる。
  5. つくば山水亭では、落語家の瀧川鯉朝を招く第7回「山水亭寄席」を2月10日(日)に開催する。
  6. 創業70年の江戸前寿司・天龍本店では、節分に合わせた「寿司屋の恵方巻き」の予約を受け付けている。
  7. 県内に散らばる約1200の方言を集めて解説するウェブサイトを軸に、執筆やラジオ、音楽活動など多彩な方法で茨城をPRしている青木智也さん。時代の流れと共に廃れたり変化していく方言を「楽しく生かす」活動は、今年で22年目を迎える。
  8. 稲敷市と同市商工会青年部主催の「第20回INASHIKIカップリングパーティー」が、2月23日(土)午後1時半からオークラフロンティアホテルつくばで開かれる。
  9. ひたちなか市を走るローカル鉄道・ひたちなか海浜鉄道湊線の魅力や歩みを伝える展示が、1月29日(火)まで取手市のインテリアショップ 「secretGATE&CAFE」で開かれている。
  10. 歯を失った時の「インプラント」治療法がテーマの市民公開講座が、1月19日(土)阿見町中央の東京医科大学茨城医療センター・医療福祉研究センターで開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  2. 県内に散らばる約1200の方言を集めて解説するウェブサイトを軸に、執筆やラジオ、音楽活動など多彩な方法で茨城をPRしている青木智也さん。時代の流れと共に廃れたり変化していく方言を「楽しく生かす」活動は、今年で22年目を迎える。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 山水亭寄席「瀧川鯉朝独演会」
  2. YOSAKOIソーラン&大北海道ディナーバイキング
  3. 寿司職人の恵方巻き
  4. 茨城の郷土料理「しもつかれ」
  5. 1月26日「お墓の市民講座」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー