常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年10月) > 特別展「日本漁業史の中の帆引き船」
地図表示 印刷表示
2018年10月6日(土)

特別展「日本漁業史の中の帆引き船」

世界湖沼会議に合わせて

帆引き船が風を受け走り出す仕組みもよく分かる
帆引き船が風を受け走り出す仕組みもよく分かる

日本漁業史において、霞ケ浦の帆引き船の位置づけや後世に与えた影響を探る特別展が、10月21日(日)までかすみがうら市歴史博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

打瀬網漁が始まった大阪湾から話をひも解き、大勢で網を引く霞ケ浦沿岸の大徳網漁、折本良平が発明した帆引き船が網元以外の漁民の生活を豊かにした経緯などを解説。

展示では同市周辺で出土した土玉(漁網錘)のほか、霞ケ浦のサッパ船につけた角帆、東京湾周辺の検見川や浦安でみられた二枚帆、伊勢の三角帆など地域によって違う帆形にスポットを当てながら、内水面で打瀬網漁が広まった霞ケ浦の特徴も紹介。浅い湖面と航続範囲が長い霞ケ浦に合った帆の「形態」のルーツを探る大胆な仮説や、日清・日露戦争で戦地に運ばれた佃煮や桜えびなどの保存食が、殖産興業や富国強兵の一端も担う中で需要が伸びた経緯などにも触れている。

「世界湖沼会議に合わせた企画です。人間も食物連鎖の一部になっていた古き良き時代に思いをはせてみては」と同館学芸員の千葉隆司さん。10月21日(日)午後1時半からは同館で記念講演会も開かれる。入館料一般210円、小中生100円。

■問い合わせ
Tel 029(896)0017/かすみがうら市歴史博物館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-10-06 08:30:00 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-10-21更新 ]
  1. 親子で楽しめるイベント満載の「ガス展2018・ウチ住まるごと大感謝祭」が、10月20日(土)と21日(日)土浦市西口のうらら大屋根広場で開かれる。
  2. つくば市の手づくりパンの店「パンドラ」の開店10周年感謝祭が、10月20日(土)と21日(日)に開かれる。
  3. 「手打更科蕎麦処さらしなの里」では、常陸秋そばの挽きぐるみを使った「鴨南ばん」を提供している。
  4. 全国各地のご当地ヨーグルトが小美玉市に集まるイベントが、10月20日(土)・21日(日)四季の里で開かれる。
  5. 「HIMITSUKICHI FURNITURE & GENERAL STORE」は、アクメファニチャーやジャーナルスタンダードファニチャーなどの家具や照明器具、雑貨、ガーデングッズなどが豊富にそろう人気店。
  6. 「洋食 大かわ」に、期間限定の大人気メニュー「カキフライ」(1,080円)が満を持して今年も登場した。
  7. つくば市春日にある「茶の木村園」では、希少糖入りの「とろりん茶」を通年で提供している。
  8. ゆっくり石臼で丁寧に自家製粉する「福乃家」で新そばを堪能できる季節が到来。
  9. 「ガーデンレストラン樹音」では、季節の移ろいを感じる庭園を眺めながら寛ぎのひとときを過ごせる。
  10. 土浦地方卸売市場では、市民向けの感謝市「いかっぺ市」を10月20日(土)に開催する。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 「シュラスコB」では、直火焼きの牛・豚・鶏を目の前で切り分ける豪快なスタイルのブラジル料理を提供している。
  2. ゆっくり石臼で丁寧に自家製粉する「福乃家」で新そばを堪能できる季節が到来。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. お腹も心も温まる「鴨南ばん」
  2. パンドラ10周年祭り
  3. 「ウチ住まるごと大感謝祭」
  4. 「住活祭」開催中
  5. 地元食材を生かした創作フレンチ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー