2018年9月18日(火)

9月23日、霞ケ浦トライアスロンフェスタ

「泳げる」発信、イベントも

7月に実行委メンバーらで行った試泳の様子
7月に実行委メンバーらで行った試泳の様子

10月に本県で開催される世界湖沼会議を前に“泳げる霞ケ浦”を広くアピールするトライアスロン大会が、9月23日(祝)土浦新港(土浦市港町)発着コースで行われる。午前8時半〜午後2時。

全国2位の面積を誇る湖を活用し郷土の魅力発信や活性化につなげようと、土浦青年会議所や県トライアスロン協会などの実行委員会が初開催。県内外の参加選手は午前9時半から、土浦新港内のスイムで順次スタート。つくば霞ケ浦りんりんロードを含むコースを自転車で走り抜け、新港周辺のラン(長距離走)に続く。

競技以外に来場者が楽しめるイベントを用意。ペダルの無い子ども向け自転車「ストライダー」やパラリンピック競技「ボッチャ」の体験コーナーのほか、レンコンなどの地元特産品ブースも設けられる。

7月に実行委メンバーらが市内で試泳したところ、臭いやベタつきは気にならなかったという。「霞ケ浦のイメージを変えるきっかけになればうれしい」と実行委員長の松井泰信さん(36)。

詳細はホームページ「霞ケ浦トライアスロン」で検索。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2018-09-18 10:30:01]


関連サイト

 


株式会社常陽リビング社 常陽リビング