常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年9月) > かすみがうら市公式キャラ募集中
印刷表示
2018年9月15日(土)

かすみがうら市公式キャラ募集中

茨城国体、五輪など見据え

来年開かれる茨城国体や2020年の東京五輪を見据え、かすみがうら市では広告塔となる公式キャラクターのデザイン案を募集している。

募集期間は9月18日(火)〜10月22日(月)(必着)で、作品は未発表で一人2点まで。応募用紙に必要事項を記入し、キャラクターを描いたデザイン用紙と共に提出する。

デジタルデータで応募する際はJPEG、GIF、PNGのいずれかの形式で5MB以下で作成したものをCD—Rに記録して送る(作品を印刷した(2)も必要)。応募書類は同市HPか市役所市民課窓口に設置。

インターネット投票などで候補作品を選定し、最優秀賞には「湖山ポイント」10万円相当と特産品、優秀賞には同ポイント1万円相当と特産品が贈られる。

同ポイントはスマートフォンやタブレット端末の専用アプリを使用することで取得・消費できる市内限定の値引きポイント(1ポイント=1円)で、同市内の取扱店で利用できるほか利用者同士のポイント交換も可能。

■問い合わせ
Tel 029(897)1111/かすみがうら市観光商工課

記事配信 [ 2018-09-15 08:30:00 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-04-25更新 ]
  1. オークラフロンティアホテルつくばのカフェテラス「カメリア」が、大型連休に合わせ「GWファミリーブッフェ〜アジア・欧州カレー紀行」を実施する。
  2. つくば市周辺を拠点に活動する作家団体「アートウェーヴつくば」の結成25周年を記念する作品展が、4月23日(火)〜29日(祝)まで県つくば美術館で開かれる。
  3. 創造の幅を広げる絵本の魅力が詰まった展覧会が、5月6日(月)まで土浦市民ギャラリーで開かれている。
  4. 明治期以降の高さ測定の歩みを紹介する展示が、6月30日(日)までつくば市の国土地理院地図と測量の科学館で開かれている。
  5. 料亭寿美家の伝統とおもてなしの心を継承する「仕出し割烹しげよし」つくば土浦店が、箱御膳会席と弁当を5%引きで販売する周年記念祭を5月6日(月)まで実施している。
  6. キャッシュレス時代について学ぶ講演会が、4月26日(金)筑波大学総合研究棟A110室で開かれる。
  7. こだわりの食パンが人気のカズキッチンが、昨年11月に移転オープン。米粉スポンジを使用するシェフ自慢のケーキはすべてグルテンフリーで提供している。
  8. 新元号「令和」公布を前に、県南地域にある歴代天皇の史跡をめぐるバスツアーが4月29日(祝)に開かれる。
  9. 防災科学技術研究所の一般公開が、4月21日(日)に開かれる。
  10. 写真展「茨城のカメラマン展2019」が6月18日(火)〜23日(日)茨城県民文化センターで開かれるのを前に、主催する「IPA茨城写真家協会」では県内の魅力を表現した写真を募集している。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. こだわりの食パンが人気のカズキッチンが、昨年11月に移転オープン。米粉スポンジを使用するシェフ自慢のケーキはすべてグルテンフリーで提供している。
  2. 戦時下の広島が舞台のアニメ映画「この世界の片隅に」が、劇場公開から2年半を経て異例のロングランを続けている。現在、全国唯一の上映となった土浦市内の映画館はファンの間で広島市、呉市に続く「第三の聖地」に。こうした動きと呼応するかのように、土浦市内では市立博物館と連携した「海軍の街歩きマップ」が作製された。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 料亭弁当が5%引き
  2. 5月31日までリニューアル記念プラン
  3. 「茨城」を写そう
  4. めくるめく「絵本の世界」展
  5. 企画展「高さって何だろう」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー