常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年9月) > 112年前のレール展示中
地図表示 印刷表示
2018年9月14日(金)

112年前のレール展示中

関鉄竜ケ崎線客車庫で発見

製造年を示す「1906」などの記載がみられる
製造年を示す「1906」などの記載がみられる

112年前に官営八幡製鉄所(北九州市)で製造され、昨夏まで関東鉄道竜ケ崎駅構内の客車庫で使われていたレールが、龍ケ崎市歴史民俗資料館に展示されている。

展示されているのは、レールの全長12.5メートルの一部となる77センチ。市地域公共交通活性化協議会によると、社紋や製造年、規格などの記載から、1901年(明治34)に操業を開始した同製鉄所による初期の国産レールと分かった。

別面には鉄道会社・日本鉄道が発注したことを示す「NTK」のローマ字の刻印がある。中古で巡ってきたとみられるが、竜ケ崎線に敷設された時期は不明という。

レールは昨年8月に老朽化に伴い客車庫を解体した際に発見。「歴史的な産業遺産として価値が高いのではないか」と同協議会と関東鉄道が今夏、同館に寄贈した。

「竜ケ崎線は県内私鉄で最も古い歴史を持ち、この8月に118年の誕生日を迎えたばかり。市民が歴史を感じたり、自分たちの鉄道というマイレール意識を持ってもらえたら」と同協議会の十文字義之会長。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-09-14 10:30:39 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-04-25更新 ]
  1. オークラフロンティアホテルつくばのカフェテラス「カメリア」が、大型連休に合わせ「GWファミリーブッフェ〜アジア・欧州カレー紀行」を実施する。
  2. つくば市周辺を拠点に活動する作家団体「アートウェーヴつくば」の結成25周年を記念する作品展が、4月23日(火)〜29日(祝)まで県つくば美術館で開かれる。
  3. 創造の幅を広げる絵本の魅力が詰まった展覧会が、5月6日(月)まで土浦市民ギャラリーで開かれている。
  4. 明治期以降の高さ測定の歩みを紹介する展示が、6月30日(日)までつくば市の国土地理院地図と測量の科学館で開かれている。
  5. 料亭寿美家の伝統とおもてなしの心を継承する「仕出し割烹しげよし」つくば土浦店が、箱御膳会席と弁当を5%引きで販売する周年記念祭を5月6日(月)まで実施している。
  6. キャッシュレス時代について学ぶ講演会が、4月26日(金)筑波大学総合研究棟A110室で開かれる。
  7. こだわりの食パンが人気のカズキッチンが、昨年11月に移転オープン。米粉スポンジを使用するシェフ自慢のケーキはすべてグルテンフリーで提供している。
  8. 新元号「令和」公布を前に、県南地域にある歴代天皇の史跡をめぐるバスツアーが4月29日(祝)に開かれる。
  9. 防災科学技術研究所の一般公開が、4月21日(日)に開かれる。
  10. 小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブが「リニューアル記念1泊2食付きプラン」を5月31日(金)まで実施している。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. こだわりの食パンが人気のカズキッチンが、昨年11月に移転オープン。米粉スポンジを使用するシェフ自慢のケーキはすべてグルテンフリーで提供している。
  2. 戦時下の広島が舞台のアニメ映画「この世界の片隅に」が、劇場公開から2年半を経て異例のロングランを続けている。現在、全国唯一の上映となった土浦市内の映画館はファンの間で広島市、呉市に続く「第三の聖地」に。こうした動きと呼応するかのように、土浦市内では市立博物館と連携した「海軍の街歩きマップ」が作製された。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 料亭弁当が5%引き
  2. 5月31日までリニューアル記念プラン
  3. 「茨城」を写そう
  4. めくるめく「絵本の世界」展
  5. 企画展「高さって何だろう」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー