茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年9月) > 9月30日まで、秋の彼岸墓地相談会
地図表示 印刷表示
2018年9月15日(土)

9月30日まで、秋の彼岸墓地相談会

グリーンメモリアムつくば

人気の永代供養塔
人気の永代供養塔

四季折々の花があふれる公園墓地・グリーンメモリアムつくば(1418区画)では、9月30日(日)までの毎週末に「秋の彼岸墓地相談会」を実施している。午前10時〜午後3時。参加無料。

同霊園では最近、墓の継承が不安な人向けのための永代供養塔が人気が高く、33年永代供養15万円(年間管理料無料)で、永代合祀墓は5万円で利用できる。

また、永代使用料から墓石、工事費などすべて含んだ芝墓地(1平方メートル)は79万8000円から、ゆとり墓地は98万8000円から。個人・夫婦墓地(0.4平方メートル、33年永代使用料含む)は48万円からで、33年以降は合祀墓に改葬する。宗教・宗派は問わない。

「当霊園は全面平坦地で、滑りにくいインターロッキング造成なので車いすやお年寄りの方も安心してお参りができます。いろいろなご事情でお困りの方はお気軽にご相談ください」とスタッフ。

■問い合わせ
Freedial 0120(898)633/グリーンメモリアムつくば(つくば市菅間275-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-09-15 08:10:09 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-02-19更新 ]
  1. 数の計算や重さの計量など、暮らしの中で活躍してきた「はかる」道具を紹介する展示が、2月28日(木)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  2. 美術家の長浜悦子さんは娘の誕生をきっかけに、まるで和菓子のような色彩のひな人形を創作。造形作家として都内の動物園にあるゾウのモニュメントに携わる一方、3年前からは関東・東北豪雨で被災した郷里で作品展を開催。家のそこかしこに置ける小さなひな人形が2月21日(木)から市内でお披露目される。
  3. テントウムシがトレードマークのパン店「コクスィネル」が、阿見町岡崎にこのほどオープンした。
  4. 県内の成長産業で働こうという「就職・転職フェア」が、イーアスつくばで2月19日(火)に行われる。
  5. 龍ケ崎市の天然温泉・湯舞音2階のフィットネス&スパ「アクシア」が、2月28日(木)までダイエット応援キャンペーンを実施している。
  6. 常総市内で一番高い豊田城(新石下2010)から平成最後のスーパームーンをめでる催しが、2月19日(火)に開かれる。
  7. 「第37回建築家展」が、2月23日(土)と24日(日)につくば国際会議場で開かれる。
  8. つくば市の取り組みなどを学ぶ「つくば人間学講座」が、2月16日(土)つくばイノベーションプラザで開かれる。
  9. トヨタホーム茨城では、つくば市の「ココチプレイス学園の森」来場者向けのバレンタイン月間特別企画を2月16日(土)と17日(日)、23日(土)、24日(日)現地で実施する。
  10. 「常陸国龍ケ崎観桜会〜般若院のしだれ桜と平成の名桜」と題した講演会が、2月24日(日)龍ケ崎市立中央図書館で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 星空の映像と生演奏の音楽を楽しめる「星空コンサート〜音楽とプラネタリウムのコラボレーション」が、2月17日(日)つくばエキスポセンターのプラネタリウムで開かれる。
  2. 「リーズナブル・おいしい・楽しい」がコンセプトの大衆ビストロYASUDAがこのほど、つくば市研究学園にオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 2月28日まで、昔のはかる道具展
  2. ASJの家づくりセミナー
  3. まるで和菓子のよう どこでも飾れる「おひな様」
  4. トヨタホーム茨城が学園の森でイベント
  5. 損をしないための相続税対策と生前贈与セミナー
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー