常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年9月) > 防災科研が実証実験の資金調達
印刷表示
2018年9月19日(水)

防災科研が実証実験の資金調達

開発途上国の耐震工法開発

地震で壁が崩れたネパールの住宅
地震で壁が崩れたネパールの住宅

開発途上国にみられる石積み住宅の耐震補強工法開発を目指す防災科学技術研究所では、研究の実証実験のための費用を10月31日(水)までクラウドファンディングで募っている。

石を積み上げ泥で固めただけの住宅が多いネパールの山間部では、2015年の地震で住宅倒壊が人的被害の大半を占めた。現地の被害状況を視察した同研究所地震減災実験研究部門主幹研究員の中澤博志さんは、毛利建築設計事務所の今井弘さん、千葉大学准教授の鈴木弘樹さんらと建物の倒壊を防ぎ住民の命を守る手立てはないかと考え、産官学で連携し、研究を開始。たどり着いたのが金網を家の外壁部分に巻く「蛇籠(じゃかご)ジャケッティング工法」だった。

蛇籠の起源は紀元前の中国。竹やワイヤーなどの鉄線で編んだ長いかごに砕石を詰め込み、河川の護岸や道路擁壁などに用いられてきた技術。現地調達できる資材で、なるべく費用を掛けずに地元住民らが容易に施工できる補強方法を模索してきた。近隣諸国でも同様の建物が多いことから、同研究所では今回の実験結果から、開発途上国での防災につなげていきたい考え。

クラウドファンディングでは、蛇籠の実証データの材料費や実験費用として100万円が目標。来年2月には現地の住宅を模した建物での振動実験を予定。寄付は3000円からで、1万円以上で振動実験の見学可。詳細はhttp://readyfor.jp/projects/NIED_001

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-09-19 10:30:24 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-10-19更新 ]
  1. 全国各地のご当地ヨーグルトが小美玉市に集まるイベントが、10月20日(土)・21日(日)四季の里で開かれる。
  2. 「HIMITSUKICHI FURNITURE & GENERAL STORE」は、アクメファニチャーやジャーナルスタンダードファニチャーなどの家具や照明器具、雑貨、ガーデングッズなどが豊富にそろう人気店。
  3. 「ガーデンレストラン樹音」では、季節の移ろいを感じる庭園を眺めながら寛ぎのひとときを過ごせる。
  4. 「洋食 大かわ」に、期間限定の大人気メニュー「カキフライ」(1,080円)が満を持して今年も登場した。
  5. つくば市春日にある「茶の木村園」では、希少糖入りの「とろりん茶」を通年で提供している。
  6. 土浦地方卸売市場では、市民向けの感謝市「いかっぺ市」を10月20日(土)に開催する。
  7. 関東・東北豪雨からの復興を全国にPRするハロウィーンパーティーが、10月21日(日)「市民の広場」で開かれる。
  8. ゆとりの大空間で2杯立てサイフォンコーヒーが楽しめる珈琲専門店「コーヒーハウスとむとむ」。
  9. 親子で楽しめるイベント満載の「ガス展2018・ウチ住まるごと大感謝祭」が、10月20日(土)と21日(日)土浦市西口のうらら大屋根広場で開かれる。
  10. ゆっくり石臼で丁寧に自家製粉する「福乃家」で新そばを堪能できる季節が到来。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. 「シュラスコB」では、直火焼きの牛・豚・鶏を目の前で切り分ける豪快なスタイルのブラジル料理を提供している。
  2. ゆっくり石臼で丁寧に自家製粉する「福乃家」で新そばを堪能できる季節が到来。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. パンドラ10周年祭り
  2. 「ウチ住まるごと大感謝祭」
  3. 「住活祭」開催中
  4. 地元食材を生かした創作フレンチ
  5. 注文住宅の完成見学会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー