常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年8月) > 帆引き船の模型作ろう 参加者募集中
地図表示 印刷表示
2018年8月1日(水)

帆引き船の模型作ろう 参加者募集中

8月19日、かすみがうらで

県の伝統工芸品に指定されている帆引き船の模型作り教室が、8月19日(日)かすみがうら市の農村環境改善センターで開かれる。午前9時〜午後0時半。参加無料。

第17回世界湖沼会議のサテライト事業として行われるもので、帆引き船保存会メンバーの指導で実物の40分の1スケールの模型を作る。対象は小5〜中3で、小1〜4年生は保護者の同伴が必要。完成品は9月16日(日)に開かれる帆引き船シンポジウムなどで展示される。定員50人。

■問い合わせ
Tel 029(897)0511/かすみがうら市生涯学習課

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-08-01 08:30:55 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-12-18更新 ]
  1. NPO法人スマイル・ステーションが主催する子育てに関する講座が、12月23日(祝)午後1時40分から開かれる。
  2. つくば市のスタートアップ戦略を公表するイベント「Tsukuba Startup Day」が、12月20日(木)つくば国際会議場で開かれる。
  3. 龍ケ崎市のマスコットキャラクター「まいりゅう」が手話で会話する無料通信アプリLINE用スタンプが、このほどお目見えした。
  4. 収穫と芸術の秋を楽しむ「女化秋祭り」が、12月15日(土)牛久市女化青年研修所で開かれる。
  5. 長らく常総市の主要産業として発展した「いしげ結城紬」の産地が、深刻な人材難に揺れている。高齢化で専門の技術を持った職人だけでなく、動力機を操る「織り子」も不足。ウェブなどで募集を始めた一方で、産地問屋と手を携え、世代を超えて積み上げてきた価値の再確認を迫られている。
  6. ラクスマリーナでは、遊覧船ホワイトアイリス号から初日の出を望む「初日の出クルーズ」の予約を受け付けている。
  7. 茨城出身のプロ野球選手が指導するチャリティー野球教室が、12月22日(土)牛久市の牛久運動公園野球場で開かれる。
  8. 牛久のグルメや工作などを楽しめるイベントが、12月16日(日)あみプレミアム・アウトレットで開かれる。
  9. 牛久大仏の大みそか恒例の「修正会」が、12月31日(月)午後11時から開催される。
  10. 1984年(昭和59)取手二高を率いて甲子園初優勝を果たし、常総学院高を全国屈指の強豪校に育てた名将木内幸男さん。教え子の佐々木力さんと小菅勲さんが今夏、100回記念の甲子園出場を懸けた県大会決勝で初対決し話題となった。「木内マジック」「木内イズム」とも呼ばれる戦術や指導法をどう継承し、次世代に伝えるのか。奮闘する2人に話を聞いた。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 牛久大仏の大みそか恒例の「修正会」が、12月31日(月)午後11時から開催される。
  2. 茨城出身のプロ野球選手が指導するチャリティー野球教室が、12月22日(土)牛久市の牛久運動公園野球場で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「まいりゅう」で手話身近に
  2. 「ひとりじゃない子育て」学ぶ
  3. 霞ケ浦湖上で楽しむ「初日の出クルーズ」
  4. 12月20日、落合陽一さんが講演
  5. 二人三脚、見いだす活路
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー