茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年7月) > 女性税理士から学ぶ「二次相続対策セミナー」
地図表示 印刷表示
2018年7月31日(火)

女性税理士から学ぶ「二次相続対策セミナー」

税制改正や空き家対策も

セミナー風景
セミナー風景

二次相続について学ぶセミナーが、8月4日(土)に常陽つくばビルで開かれる。常陽銀行、旭化成ホームズ共催、午前10時〜正午。入場無料、予約制。

1部では相続手続支援センターの税理士・佐藤絵里子さんが解説。二次相続は通常の遺産相続に続く子の相続のこと。一次で相続税がかからなくても、二次で税金がかかるなどのケースを解説する。

また、今年度の税制改正のポイントや損をしない遺言書の書き方、生前贈与についても紹介。2部では相続に関わる土地や建物の活用法についてファイナンシャルプランナーの池田武海さんが、土地の特性や所有者の目的に沿った土地や建物の売却や賃貸、活用などを具体的に教えてくれる。終了後には個別相談会も開催(要予約)。

■申し込み・問い合わせ
Tel 0120(505)470/セミナー事務局(フジサンケイ企画内、午前10時〜午後5時)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-07-31 09:30:07 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-04-23更新 ]
  1. つくば市周辺を拠点に活動する作家団体「アートウェーヴつくば」の結成25周年を記念する作品展が、4月23日(火)〜29日(祝)まで県つくば美術館で開かれる。
  2. 戦時下の広島が舞台のアニメ映画「この世界の片隅に」が、劇場公開から2年半を経て異例のロングランを続けている。現在、全国唯一の上映となった土浦市内の映画館はファンの間で広島市、呉市に続く「第三の聖地」に。こうした動きと呼応するかのように、土浦市内では市立博物館と連携した「海軍の街歩きマップ」が作製された。
  3. キャッシュレス時代について学ぶ講演会が、4月26日(金)筑波大学総合研究棟A110室で開かれる。
  4. 家具専門店「染谷家具守谷店」が、現品家具を特別価格で販売する「平成最後の大セール」を4月30日(火)まで実施している。
  5. 防災科学技術研究所の一般公開が、4月21日(日)に開かれる。
  6. こだわりの食パンが人気のカズキッチンが、昨年11月に移転オープン。米粉スポンジを使用するシェフ自慢のケーキはすべてグルテンフリーで提供している。
  7. 和食の魅力を生かした味わいが好評のラーメン屋「麺匠伊助」が、このほどオープン1周年を迎えた。
  8. 新元号「令和」公布を前に、県南地域にある歴代天皇の史跡をめぐるバスツアーが4月29日(祝)に開かれる。
  9. 開店13周年を迎えた靴とインソール専門店「てくてく館」が、外反母趾やひざ・腰の痛みで悩む人向けの「靴とインソールの無料相談会」を、4月20日(土)〜5月6日(振休)同店で実施している。
  10. 物質・材料研究機構(NIMS)の一般公開が、4月21日(日)に開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. こだわりの食パンが人気のカズキッチンが、昨年11月に移転オープン。米粉スポンジを使用するシェフ自慢のケーキはすべてグルテンフリーで提供している。
  2. 戦時下の広島が舞台のアニメ映画「この世界の片隅に」が、劇場公開から2年半を経て異例のロングランを続けている。現在、全国唯一の上映となった土浦市内の映画館はファンの間で広島市、呉市に続く「第三の聖地」に。こうした動きと呼応するかのように、土浦市内では市立博物館と連携した「海軍の街歩きマップ」が作製された。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. オープン1周年
  2. アートウェーヴつくば25周年記念展
  3. 靴とインソールの無料相談会
  4. 4月26日、筑波大学で講演会
  5. 平成最後の大セール
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー