茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年5月) > 「やまびこ弁天」つくばにオープン
地図表示 印刷表示
2018年5月30日(水)

「やまびこ弁天」つくばにオープン

京都・伏見の人気うどん店

田園風景に佇む京町屋風の店舗
田園風景に佇む京町屋風の店舗

京都・伏見区に店を構える手打ちうどん店「やまびこ伏見」の姉妹店「やまびこ弁天」がこのほどつくば市西大沼にオープンした。

店主の入江恭平さんは、自動車会社のエンジニアだった5年前に転職を決意。京うどんの本場で修業を積んだ。毎日手打ちする麺は、国産小麦を一からブレンド。モチモチしたコシとのどごしなめらかな京風麺に、関西だしと九条ネギを合わせたうどんが特徴(かけうどん300円から)。

看板商品の酒粕うどんは、同地の日本酒メーカー「月桂冠」の酒粕に、関西だしを合わせたコクのある酒粕汁が麺によく絡む、人気の一杯。そのほか、鍋焼きうどんや牛すじカレーうどんも好評で、店内はカウンター席やテーブル席のほか、小上がりもある。

「京都のおうどんをぜひ味わってください。夏季限定の冷やしメニューは、特製細麺で提供します」と入江さん。

営業時間/午前11時半〜午後3時、午後5時〜午後8時半。土日祝は終日営業。月曜定休。フェイスブック「やまびこ弁天」で検索。

■問い合わせ
Tel 029(819)1041/やまびこ弁天(つくば市西大沼128-4)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-05-30 09:30:39 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-01-21更新 ]
  1. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  2. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月26日(土)と27日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  3. 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)では、お茶由来食品素材の睡眠改善効果に関する検査の被験者を募集している。
  4. OMソーラーや自然素材の家を手掛ける柴木材店が、「くの字の小さな平屋の住まい」完成見学会を1月19日(土)と20日(日)取手市紫水で開催する。
  5. 後継ぎ対策など墓のあれこれについて学ぶ「お墓の市民講座」が、1月26日(土)つくば国際会議場で開かれる。
  6. オークラフロンティアホテルつくばでは、開業記念イベント第5弾として「YOSAKOIソーラン&大北海道ディナーバイキング」を2月16日(土)に開催する。
  7. 茨城の伝統料理「しもつかれ試食会&小田ツアー」が、2月2日(土)つくば市の古民家華の幹で開かれる。
  8. 県内に散らばる約1200の方言を集めて解説するウェブサイトを軸に、執筆やラジオ、音楽活動など多彩な方法で茨城をPRしている青木智也さん。時代の流れと共に廃れたり変化していく方言を「楽しく生かす」活動は、今年で22年目を迎える。
  9. 新日本補聴器センター土浦店では、最新補聴器が最大35%引きになる新春キャンペーンを1月31日(木)まで開催している。
  10. 染谷家具守谷店では、今年も「家具」をテーマにした川柳を募集している。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  2. 県内に散らばる約1200の方言を集めて解説するウェブサイトを軸に、執筆やラジオ、音楽活動など多彩な方法で茨城をPRしている青木智也さん。時代の流れと共に廃れたり変化していく方言を「楽しく生かす」活動は、今年で22年目を迎える。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 1月31日まで、新春キャンペーン
  2. 「家具」がテーマの川柳募集
  3. 山形の雪で遊ぶ「雪まつり」
  4. 睡眠・代謝測定実験の被験者募集
  5. 「くの字の小さな平屋の住まい」完成見学会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー