常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年5月) > かすみがうらフラワーロード
印刷表示
2018年5月11日(金)

かすみがうらフラワーロード

花育てボランティア募集中

植栽を行う参加者
植栽を行う参加者

オレンジ色のマリーゴールドが続く「かすみがうら花のみち」

かすみがうら市市民協働課では、市内の道路沿いにマリーゴールドの苗を植える「花のボランティア」を市内外から募集している。

対象となる道路は通称「フラワーロード」と呼ばれる「市道西成井・神立線」。拡幅工事と道路脇を流れる用水路の地中化により殺風景になってしまった沿道を明るくしようと、同市緑化推進協議会(飯塚敏夫会長)と宍倉・新生集落の住民が1997年から花を植えている。

現在では市内外から160の企業・団体・個人が参加し、2.6キロの沿道に市内の花き農家が育てたマリーゴールドを植栽。初夏から10月上旬にかけて咲くオレンジの花が、ドライバーやウオーキング愛好家など道行く市民の目を楽しませている。

今回募集するボランティアは5月下旬から6月下旬にかけて植栽を行うほか、各自のスケジュールで草取りや枯れた花の片付けなどを行う。苗や肥料は市が提供する。

「参加者の高齢化で新規協力者を求めています。ご家族や友達同士、サークル仲間などで一緒に花を育てませんか。市外からの参加も大歓迎です」と同課の佐藤敦さん。5月24日(木)締め切り。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(897)1111/かすみがうら市市民協働課

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-05-11 09:30:21 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-11-17更新 ]
  1. 歴史ある築45年の建物を再生したリフォーム実例見学会が、11月18日(日)下妻市神明で開かれる。
  2. 「つくばのコーヒー文化を多くの人に発信しよう」と企画された催しが、11月17日(土)と18日(日)つくばセンター広場で開かれる。
  3. 自転車による街づくり「りんりんタウン構想」を進める石岡市で、11月17日(土)に家族で楽しめるイベントが開かれる。
  4. 才能あふれる若きフルート奏者を発掘する「つくばフルートコンクール」が11月28日(水)〜12月2日(日)つくば市のノバホールで初開催されるにあたり、審査員による特別公演「ガラ・コンサート」が、12月1日(土)午後6時半から同所で開催される。
  5. みずほの村市場・牛久店では、開店8周年記念「みずほ牛久の村祭り」を11月17日(土)と18日(日)に実施する。
  6. 土浦市立図書館の駅前移転・開館1周年を記念する催しが、11月21日(水)〜27日(火)同館で開かれる。多彩な企画を詰め込み、同館担当者は「来たことがない方が新たに来館するきっかけになれば」と話す。
  7. 日ごろは見られない建設機械工場の内部や油圧ショベルなどを見学できるイベントが、11月18日(日)日立建機土浦工場で開かれる。
  8. 鶏肉をメーンにした焼肉店バードマンでは、忘年会シーズンに合わせた「セルフ飲み放題付き」の宴会プランが新登場した。
  9. 市内の愛好家が丹精込めた作品が一堂に会する「第33回下妻市菊まつり」が、11月25日(日)まで大宝八幡宮で開かれている。
  10. ものづくり作家が県内外から集まる「やさとクラフトフェア」が、11月10日(土)〜12日(月)まで旧有明中学校で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 鶏肉をメーンにした焼肉店バードマンでは、忘年会シーズンに合わせた「セルフ飲み放題付き」の宴会プランが新登場した。
  2. 常陽リビング社では、「常陽リビング」読者に向けたイベント「大人のプレミアムセミナー」を11月22日(木)つくば山水亭で開催する。予約制、参加無料。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. フルートの名手たちの豪華絢爛「ガラ・コンサート」
  2. 11月18日、下妻で住友林業の実例見学会
  3. 牛久で現代美術展
  4. 11月25日まで、大宝八幡宮で菊まつり
  5. つくばとつくばみらいで、積和建設の分譲住宅
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー