茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 泉谷しげる〜キレイゴト抜きの復興論
2018年4月27日(金)

泉谷しげる〜キレイゴト抜きの復興論

4月28日〜5月6日豊田城で復興フェス

3年前の関東・東北豪雨で、市域の3分の1が浸水した常総市内の避難所を訪れた歌手の泉谷しげるさん(69)が、4月28日(土)から9日間、豊田城を舞台に自ら企画した復興イベントを開催する。70歳を目前にしてなお勢いを増す毒舌に、さりげない愛情を忍ばせた市民へのエールを聞いた。


平成27年10月12日。豪雨被害から1月後、泉谷さんは盟友・さだまさしさんと避難所の一つ「常総市あすなろの里」を訪れ、ミニライブを行った。

「お前ら募金しろ!!」を旗印に、1994年の北海道南西沖地震から雲仙普賢岳噴火災害、阪神淡路大震災、東日本大震災と被災地に出向き、「一日一偽善!」「売名行為で結構」など独自のスローガンを掲げ被災者に寄り添った支援活動を展開。常総市内では10メートルほど地面が削り取られた現場に絶句した。避難所の小さな手作りステージで毒舌トークを披露。久々に笑い、歌声に癒やされた市民らは、終演後さださんと泉谷さんの乗るバスを取り囲んだ。

―一体、何が起こったんですか!?

いきなり米や野菜を持ってきて「持ってけ持ってけ」ってうるせーんだよ(笑)被災者から食い物もらうバカがどこにいるんだよ。お前ら逆だろ!!って。

―言葉は悪いですが、気持ちは通じた。

オイラは被災者にも言いたいこと言いたいし、普通に接したいから同情はしない。帰り際に社交辞令で「また来るよ!」ってついつい言っちまった。本気にしやがって(笑)


「断然コメ派。米が食いたいがために常総に戻ってきたようなものさ」

―常総のお米の味は。

圧倒的だよ。日本一うまいっていろんなところで言った。でも、ここに住んでいるヤツらは普段うまい米食ってる自覚ないんでしょ?野菜も隣近所でお裾分けだってね。「豊かさ」ってそういうこと。東京じゃあり得ないことだよ。

―今回のイベントの発端を教えてください。

3年前の約束をようやく果たそうと。地域活性って言うのは簡単だけどよ、こっちで全部仕掛けたら「俺のイベント」になっちゃうだろ?市民と一緒に作って、そこから新しい商売や人のつながり、もうけ話などの「実感」が伴ってこそ真の復興。失敗したら全部オイラのせいにしたらいい。「突然やってきた泉谷っていう強引な奴の責任です」ってね。もともと地域復興なんてガラじゃねぇんだ。

―アート展や連日のトークショー、ライブ、物産展、オリジナル手描きTシャツワークショップなど盛りだくさんの内容ですね。

ポスター作りとか広報なんかは実行委員会に任せた。決して上手じゃないし作業も手間取ったけど、1カ月半という短い準備期間でよく頑張ったよ。「よそから来て復興イベント仕掛けてる俺って迷惑!?」って思ったくらい、常総市はこれまで外に向けて盛り上がる必要がなかったのかもしれねぇな。それも豊かさの裏返しなんだろうな。

―5月5日(土)に「全力ライブ」が開かれる豊田城は、この度リニューアルするそうですが。

米と同じ。宝の持ち腐れだよ?毎晩ディナーショーでもやればいいよ。

―ライブは、これまでの歩みを振り返る内容ですね。

そう、ファンだけでじゃなく、オイラや常総市にあんまり興味なかった人にもぜひ来てほしい。

―3年前、あすなろの里で名曲「春夏秋冬」を歌いましたか?

唄ったよ。


3年前のミニライブでは泉谷さんの名曲「春夏秋冬」に「思わず落涙した」という常総市の神達岳志市長(左)=4月19日、常総市あすなろの里

―「今日ですべてが終わるさ、今日ですべてが変わる、今日ですべてがむくわれる、今日ですべてが始まるさ」。歌詞は、まるで心の傷を負った常総市民へのエールのようにも聴こえますが。

…いろいろと大変なこともあったろうさ。でもよ、せめてきょうくらい自分を慰めて、大切にしてやれよって思う。手拍子して、でけぇ声出して歌う歌じゃない。静かに、心の中で歌いながら、すべてのことに感謝してほしいな。

―常総市は「防災先進都市」を目指し、さまざまな施策を行っています。神達岳志市長に今後どのようなリーダーシップを望みますか。

やっぱり、感謝の気持ちを持って市民を引っ張ってほしい。持論だけど、首都圏への水害を鬼怒川が守ってくれたと思ってる。東京のヤツらに「茨城にもっと感謝しろ」って言いたいよ。魅力度は最下位だけどな(笑)

―また常総に来てくれますか?

言わないように努力するよ。でも、言っちゃうだろうなぁ。


がんばっぺ!常総フェスティバル2018

豊田城(常総市地域交流センター)常総市新石下2010 4月28日(土)〜5月6日(日) イベント詳細や各種申し込みは「がんばっぺ常総」で検索。全力ライブ(5月5日(土)午後4時開演)はチケット前売り6000円、当日6500円。豊田城窓口かチケットぴあ(0570-02-9999)で。

関連コンテンツ
Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
最新の一面記事
  1. 母として監督として「育てる」責任胸に奮闘中
  2. 再読、『霞ヶ浦風土記』
  3. Swingしなけりゃ、私じゃない
  4. 清掃ボランティアが定着
  5. 壁画アート、開始4カ月
注目の記事
  1. 「手打更科蕎麦処さらしなの里」では、常陸秋そばの挽きぐるみを使った「鴨南ばん」を提供している。
  2. 「洋食 大かわ」に、期間限定の大人気メニュー「カキフライ」(1,080円)が満を持して今年も登場した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 家具の修理を受け付け中
  2. SCIENTIA(スキエンティア)2018
  3. サンガイアはホーム2連戦
  4. 母として監督として「育てる」責任胸に奮闘中
  5. お腹も心も温まる「鴨南ばん」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング