茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年5月) > 5月19日、牛久健康ウオーク 参加者募集
印刷表示
2018年5月7日(月)

5月19日、牛久健康ウオーク 参加者募集

名所や自然を歩いて楽しむ

市内の名所や自然の中を歩く「牛久健康ウオーク」が、5月19日(土)午前9時半から開かれる。

牛久駅や牛久シャトー周辺を周遊する初心者向け「シャトー通り散策コース」(約4キロ)は、親子ふれあいクラス(おおむね4歳〜中学生とその家族、先着50組)、ウオーキング初心者クラス、ポールを用いて歩くノルディック・ウオーク体験クラス(先着30人)。いずれもウオーキング基礎講座を受講後、クラスごとに順次出発する。

ベテラン向けの「牛久沼かっぱの小径コース」は、牛久城址や牛久沼、かっぱの碑など約13キロを巡る。ゴール後は豚汁や麦茶の配布や、地元特産品が当たる抽選会が行われる。

参加費500円(中学生以下無料)。希望者は電話かメール、保健センター窓口で申し込む(5月11日(金)締め切り)。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(873)2111/市健康づくり推進課

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-05-07 09:30:31 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-05-25更新 ]
  1. ハンドメイド雑貨&カフェ「cafe Schuhe」の第5回クラフトマーケットが、5月26日(土)同店で開かれる。
  2. 創業30年を迎える「菓子邑シェ・カオル」が、5月26日(土)と27日(日)の2日間、この時期限定のジューシーメロンロール(通常価格2100円)を1600円(税別)で販売する。
  3. 関東平野の地下から筑波山山頂までを題材に、土地の成り立ちや現在までの移り変わりを紹介したパネル展が、7月1日(日)まで地質標本館で開かれている。
  4. 大人がゆっくりくつろげる日帰り温泉施設「つくば温泉喜楽里別邸」が、このほどつくば市西大橋にオープンした。
  5. 約200万本のポピーが咲き誇る小貝川フラワーフェスティバルが、5月27日(日)下妻市の小貝川ふれあい公園で開かれる。
  6. 「絵本とわたしの物語展」が、5月30日(水)〜6月3日(日)土浦市のホテルマロウド筑波で開かれる。午前10時〜午後7時半(30日午後0時半から)、入場無料。
  7. 豪華クルーズ船で行く船旅の魅力が詰まった説明会が、6月2日(土)午後1時からディアステージつくばフォレストテラスで開かれる。
  8. 霞ケ浦最大の高速客船ジェットホイルつくば号で行く「潮来あやめ祭り定期船コース」が、6月2日(土)から計8回行われる。
  9. 約3万株が見ごろを迎える茨城県フラワーパークの「バラまつり」が、6月24日(日)まで開かれている。
  10. サッカー日本一を決める天皇杯が、5月26日に開幕する。茨城県からはアマチュアシード枠で流通経済大学トップチーム、県代表に同大セカンドチームが出場を決めた。選手らをスタンドで見守る「まちの応援団」は、大学がある龍ケ崎市の住民らで組織。オフサイドのルールも知らなかった地域のおじさんたちが「わが街の誇り」を支え、今年で丸10年が経つ。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 約3万株が見ごろを迎える茨城県フラワーパークの「バラまつり」が、6月24日(日)まで開かれている。
  2. 大人がゆっくりくつろげる日帰り温泉施設「つくば温泉喜楽里別邸」が、このほどつくば市西大橋にオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 約120種が咲き競うバラまつり
  2. 旬の味を特別価格で
  3. 「デザイン住宅」見学会
  4. 特別展「関東平野と筑波山」
  5. 5月27日、小貝川フラワーフェス
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー