常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年4月) > 浮世絵師・昇斎の「東京名所三十六戯撰」
地図表示 印刷表示
2018年4月17日(火)

浮世絵師・昇斎の「東京名所三十六戯撰」

4月27日まで、筑波大で展示中

上野山王山
上野山王山

浮世絵師昇斎一景(しょうさいいっけい)の作品から文明開花直後の庶民のユーモアや非日常を読み解く企画展が、4月27日(金)まで筑波大学図書館情報学図書館で開かれている。入場無料。午前9時〜午後5時(平日のみ)。

美的景観を描く従来の浮世絵に対し、笑いが目的の「戯画」は、江戸末期から明治初期にかけ複数のシリーズものが刊行。今展では歌川広重の門人とされる昇斎が明治5年〜6年位かけて描いた「東京名所三十六戯撰」をひも解く。

花見でのドタバタを描いた作品では、隅田川や上野山などの宴会で泥酔したり、ふんどし姿で「すってんころり」するなど現代の喜劇やコントにも通じる庶民が描かれる。

鎌倉河岸の作品は、犬に吠えられごみを散らかした男性を異人が笑うという図。傍らの建物には「牛肉」の旗がなびき、「文明開化がどの程度庶民に浸透しているかの重要な資料にもなっている」と同大大学院図書館情報メディア研究科の綿抜豊昭教授。

そのほか、日本橋で油をこぼして盛大にずっこける町人を笑う洋装した人、風呂屋の二階からお茶をこぼす男性などが並び、「人の不幸を笑うことに、とても寛容だった時代を描いた作品ばかり。今だからこそ見る価値があるかもしれません」と綿抜さん。

■問い合わせ
Tel 029(859)1200/同館(つくば市春日1-2)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-04-17 08:30:14 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-09-20更新 ]
  1. つくば市竹園に「中津からあげ総本家もり山つくば竹園店」がこのほどオープンし、9月17日(祝)まで開店記念セールを実施している。
  2. 土浦市の磯山自動車販売では、トラック全般の売買ほか重機、不動車などの高価買い取りを行っている。
  3. 消防士の仕事に触れ、学び、体験できるイベントが、9月22日(土)土浦市消防本部屋外訓練場で行われる。
  4. つくば市柴崎の専門学校つくば自動車大学校の「tact祭」が9月22日(土)に開かれる。
  5. 自衛隊の音楽隊を招いたコンサートが、9月23日(日)つくば市の市民ホールやたべで行われる。
  6. 全国の窯元の陶器がそろう第18回牛久全国大陶器市が、9月24日(振休)まで牛久市久野町の牛久浄苑・牛久大仏特設会場で開かれている。
  7. 10月に本県で開催される世界湖沼会議を前に“泳げる霞ケ浦”を広くアピールするトライアスロン大会が、9月23日(祝)土浦新港発着コースで行われる。
  8. さくらガーデンでは、10月6日(土)に開催予定の土浦全国花火競技大会に合わせた各種弁当の予約を受け付けている。
  9. 家続の会主催の相続税対策セミナーが、9月22日(土)にイーアスつくばイーアスホールで開かれる。
  10. 開発途上国にみられる石積み住宅の耐震補強工法開発を目指す防災科学技術研究所では、研究の実証実験のための費用を10月31日(水)までクラウドファンディングで募っている。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. つくば市竹園に「中津からあげ総本家もり山つくば竹園店」がこのほどオープンし、9月17日(祝)まで開店記念セールを実施している。
  2. 関東・東北豪雨から10日で3年を迎えるのを前に、常総市の復興に関わったボランティア団体が先月下旬、西日本豪雨で被災した広島県に向かった。常総で培った経験を携え、「あの時」の恩返しに向かったチームに同行取材。水害の恐ろしさと事前の避難計画の大切さを改めて強く感じた。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 龍ケ崎にモデルルームがオープン
  2. 地震に強いローコスト住宅の構造見学会
  3. 高校通学や卒業資格、諦めないで
  4. 9月22日、土浦市消防フェス
  5. 花火弁当受け付け中
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー