常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年4月) > 浮世絵師・昇斎の「東京名所三十六戯撰」
地図表示 印刷表示
2018年4月17日(火)

浮世絵師・昇斎の「東京名所三十六戯撰」

4月27日まで、筑波大で展示中

上野山王山
上野山王山

浮世絵師昇斎一景(しょうさいいっけい)の作品から文明開花直後の庶民のユーモアや非日常を読み解く企画展が、4月27日(金)まで筑波大学図書館情報学図書館で開かれている。入場無料。午前9時〜午後5時(平日のみ)。

美的景観を描く従来の浮世絵に対し、笑いが目的の「戯画」は、江戸末期から明治初期にかけ複数のシリーズものが刊行。今展では歌川広重の門人とされる昇斎が明治5年〜6年位かけて描いた「東京名所三十六戯撰」をひも解く。

花見でのドタバタを描いた作品では、隅田川や上野山などの宴会で泥酔したり、ふんどし姿で「すってんころり」するなど現代の喜劇やコントにも通じる庶民が描かれる。

鎌倉河岸の作品は、犬に吠えられごみを散らかした男性を異人が笑うという図。傍らの建物には「牛肉」の旗がなびき、「文明開化がどの程度庶民に浸透しているかの重要な資料にもなっている」と同大大学院図書館情報メディア研究科の綿抜豊昭教授。

そのほか、日本橋で油をこぼして盛大にずっこける町人を笑う洋装した人、風呂屋の二階からお茶をこぼす男性などが並び、「人の不幸を笑うことに、とても寛容だった時代を描いた作品ばかり。今だからこそ見る価値があるかもしれません」と綿抜さん。

■問い合わせ
Tel 029(859)1200/同館(つくば市春日1-2)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-04-17 08:30:14 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-02-24更新 ]
  1. 規格住宅専門店・ココカラ生活の平屋住宅完成見学会が、2月23日(土)と24日(日)つくば市内で開かれる。午前11時〜午後4時。
  2. 常総市水海道宝町の商店街に、関東・東北豪雨で被害を受けた空き店舗を利用した甘味処がこのほど開店。程よい甘さの大判焼きを求める老若男女で連日にぎわっている。
  3. 森の中のモビリティテーマパーク・ツインリンクもてぎでは、3月9日(土)に誕生する新アトラクション「巨大ネットの森SUMIKA」のオープンに合わせ50組の家族を無料招待するキャンペーンを行っている。
  4. かすみがうら市西野寺(旧千代田町)にある胎安(たやす)神社の「春の祈願祭」が、3月3日(日)に開かれる。
  5. キッチンなどが豊富に並ぶ「水まわりリフォーム感謝祭」が、2月23日(土)TOTOつくばショールームで開かれる。
  6. 阿見町のイタリアン・ボーノパスタでは、冬の名物「熱々チーズフォンデュ」が好評を得ている。
  7. 築60年の伝統住宅と築40年の2階建て住宅をリフォームした実例見学会が、2月24日(日)つくば市柴崎で開かれる。
  8. 数の計算や重さの計量など、暮らしの中で活躍してきた「はかる」道具を紹介する展示が、2月28日(木)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  9. 実力派ものまねタレント・神奈月の「ものまねライブ&ビュッフェパーティー」が、3月9日(土)ローブカスミガウラで開かれる。
  10. 土浦市の料亭・霞月楼では、彩り豊かな特別メニュー「雛まつり点心・桃月香」を2月25日(月)から3月3日(日)までの期間限定で提供する。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 星空の映像と生演奏の音楽を楽しめる「星空コンサート〜音楽とプラネタリウムのコラボレーション」が、2月17日(日)つくばエキスポセンターのプラネタリウムで開かれる。
  2. 「リーズナブル・おいしい・楽しい」がコンセプトの大衆ビストロYASUDAがこのほど、つくば市研究学園にオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 人気の平屋住宅完成見学会
  2. 子授け・安産の胎安神社 3月3日は春の祈願祭
  3. 2月24日、住友林業のリフォーム実例見学会
  4. 2月23日と24日、デザイナーズ住宅見学会
  5. 2月23日、水回りリフォーム感謝祭
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー