常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年4月) > 土浦駅直結「アトレ」オープン
地図表示 印刷表示
2018年4月6日(金)

土浦駅直結「アトレ」オープン

サイクリストの“ベースキャンプ”

床に引かれたラインが鮮やかな施設内
床に引かれたラインが鮮やかな施設内

JR土浦駅ビルを改装した日本最大級のサイクリング拠点施設PLAYatreTSUCHIURA(プレイアトレ土浦)がこのほどオープン。県内外からのサイクリストの拠点や、観光情報を発信する体験型施設としての利用が期待されている。

首都圏から程近く駅に直結しており、全長180`のサイクリングロード「つくば霞ケ浦りんりんロード」の玄関口となる同施設。2019年秋以降に予定されるグランドオープンに先駆けた第一弾として、今回はサイクリストの拠点施設「りんりんスクエア」がオープン。

地下1階にはレンタサイクルやシャワー、ロッカー、更衣室などを備え、手ぶらでの利用も可能。1階のアスファルトデザインの床には、自転車が乗り入れ可能な場所を分かりやすく鮮やかな青いラインで示している。

また、自転車専門店「ル・サイク」には、普段使いからロードバイク、マウンテンバイクまで国内外のの約300台がそろい、ウエアやパーツのほか、修理や整備にも対応。観光情報発信やイベントスペースも設けられ、4月8日(日)まで自転車ロードレースをテーマにした人気漫画「弱虫ペダル」の限定ショップも開かれる。

このほか、タリーズコーヒーとイタリアの自転車メーカー「Bianchi」がコラボした全国初の「サイクルカフェ」を展開。店頭にはバイクラックが置かれ、天井には車輪をイメージした照明を配し、エスプレッソコンパナやアフォガードなど限定メニューが楽しめる。

■問い合わせ
Tel 029(835)3000/プレイアトレ土浦

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-04-06 10:30:02 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-09-23更新 ]
  1. 消防士の仕事に触れ、学び、体験できるイベントが、9月22日(土)土浦市消防本部屋外訓練場で行われる。
  2. つくば市柴崎の専門学校つくば自動車大学校の「tact祭」が9月22日(土)に開かれる。
  3. 全国の窯元の陶器がそろう第18回牛久全国大陶器市が、9月24日(振休)まで牛久市久野町の牛久浄苑・牛久大仏特設会場で開かれている。
  4. 世界的なジャズピアニストのトニーサッグスが出演するジャズイベントが、9月29日(土)午後3時からWaiwaiドームしもつまで開かれる。
  5. 10月に本県で開催される世界湖沼会議を前に“泳げる霞ケ浦”を広くアピールするトライアスロン大会が、9月23日(祝)土浦新港発着コースで行われる。
  6. 土浦市の磯山自動車販売では、トラック全般の売買ほか重機、不動車などの高価買い取りを行っている。
  7. 子育て中の母親らを対象にカレンダー作りとトークを楽しむイベントが、9月28日(金)つくばみらい市紫峰ケ丘のみらい平コミュニティセンターで開かれる。
  8. 活魚・江戸前寿し龍では「秋の収穫祭」と題し、旬を迎えたサンマやマツタケなどを使った秋季限定メニューを10月8日(祝)まで提供している。
  9. 美しい色調と丈夫さから国会議事堂や東京駅などにも使われている稲田石。笠間市内の採掘現場にある石室や石に皆で絵を描こうという試みが、今年6月から始まっている。企画したのは石岡市在住の日本画家秋元了典さん。中国国内で同様のプロジェクトに携わった経験を生かし、「参加者が絵画を通して同じ夢を見てほしい」と石壁に向き合っている。
  10. 「きて、みて、さわってコキアカーニバル」が、10月21日(日)までひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開かれている。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. つくば市竹園に「中津からあげ総本家もり山つくば竹園店」がこのほどオープンし、9月17日(祝)まで開店記念セールを実施している。
  2. 関東・東北豪雨から10日で3年を迎えるのを前に、常総市の復興に関わったボランティア団体が先月下旬、西日本豪雨で被災した広島県に向かった。常総で培った経験を携え、「あの時」の恩返しに向かったチームに同行取材。水害の恐ろしさと事前の避難計画の大切さを改めて強く感じた。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「世界に一つだけ」カレンダー作り
  2. ひたち海浜公園で「コキアカーニバル」
  3. 下妻恒例「野外ジャズフェス」
  4. 壁画アート、開始4カ月
  5. 今月末、18年の歴史に幕
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー