茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年4月) > 特産品生かした菓子3種、好評販売中
印刷表示
2018年4月3日(火)

特産品生かした菓子3種、好評販売中

大子町の「だいごみ」味わって




大子町が認証する農産品ブランド「だいごみ」に、このほど新たに3つのスイーツが仲間入りし、好評を得ている。

同ブランドは、町内在住者による町内生産の農産物であることや独自性・信頼性があるなどいくつかの要件と基準を満たす条件の下で町が認証する、いわゆるお墨付きの推奨品。

新たに加わったのは宮川製菓協業組合の「常陸大黒入りとろける氷華杏仁」(280円)。氷の小片が久慈川の水面を流れる冬の風物詩「氷花(しが)」をイメージし、ゼリー、あん、杏仁の3層が上品な味わい。同じく「常陸大黒パイ」(250円)は、日本一大きい花豆「常陸大黒」が一つのパイに二粒入っており、サクサク・ほっくりの食感が楽しめる。

豊田りんご園・未来工房の「りんごまるごとバウムクーヘン」(1500円)は、名前の通りリンゴを丸ごと1個使用し、しっとり甘いリンゴとバウムが好相性で、「エコ仕様の箱もかわいいと評判です」と担当者。

■問い合わせ

Tel 0295(72)1637/宮川製菓協業組合
Tel 0295(76)0858/豊田りんご園
Tel 0295(76)8220/大子町特産品流通公社

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-04-03 09:30:55 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-04-25更新 ]
  1. 踊りや和太鼓などを楽しむ「竜ケ峰の春まつり」が、4月29日(祝)土浦市の県立中央青年の家で開かれる。
  2. 筑波大学を卒業し、竹細工制作を始めて2年余りの橋本千菜美さんは、身ひとつで歩いた学生時代の貧乏旅行経験も手伝って、安定よりも「自分が好きだと思えることがしたい」と竹細工の世界に飛び込んだ。現在は筑波山麓の農場で働きながら作品を制作。昔に比べ竹細工の需要は激減しているが、地域住民との縁に頼りながら「ミニマムな生活」を楽しんでいる。
  3. 初対面でも一緒に卓を囲め、持ち運びも手軽ー。将棋や囲碁、オセロなどポピュラーなボードゲームだけでなく、一般にはなじみの薄い外国生まれのゲームなどを楽しめる場が、地域に定着しつつある。県内では珍しい専用のボードゲームカフェやスーパーの一角で開かれる体験イベントでは、真剣勝負から新しい交流の輪が広がっている。
  4. 24時間・年中無休の源泉かけ流し天然温泉施設「スパ湯〜ワールド」の温水プールが、4月28日(土)から期間限定でオープンする。
  5. オークラフロンティアホテルつくばの中国料理「桃花林」では、ゴールデンウィーク限定のランチコース「至福満菜」を4月28日(土)〜5月6日(日)まで提供する。
  6. 霞ケ浦に浮かぶ帆引き船、背景に筑波山―。土浦市の魅力を1枚に詰め込んだマンホールカードが、4月28日(土)から同市中央のまちかど蔵で配布される。作成した同市下水道課では「カード収集を通じて、下水道の役割や重要性を知ってほしい」と呼び掛けている。
  7. 樹の花自然園「花の山」では、ゴールデンウィーク期間中に園内の花が見ごろを迎える。
  8. つくば市内の研究施設を巡るつくばサイエンスツアーバスの「スタッフガイド同行コース」が、GW期間中に特別実施される。
  9. 住友不動産の「住まいの大リフォーム博」が、5月5日(祝)と6日(日)つくば国際会議場で開かれる。
  10. 喫茶処あん庵の4周年記念祭が、4月21日(土)と22日(日)に開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 土浦市東真鍋から2017年同市生田町へ移転したパン工房「T-LAMP」。つくばからも訪れやすくなり、今まで以上にパン好きの支持を集めている。
  2. 牛久市にある「焼菓子家 泉」は、旬の果物や野菜を使った焼き菓子の店。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 住まいの大リフォーム博
  2. 「リウマチ」学ぶ市民公開講座
  3. 竜ケ峰の春まつり
  4. 栃木・樹の花自然園「花の山」
  5. 「下水道の役割知って」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー