2018年2月9日(金)

「だいごみ別撰」限定販売開始

幻の大子産米


大子町特産品流通公社(綿引久男理事長)では、コンテスト用に選別した同町産の特選米「だいごみ別撰」の販売を開始した。

同町産のコシヒカリは八溝山系のミネラル豊富な清流と強い土に育まれ、昼夜の寒暖の差でうま味が凝縮。「だいごみ別撰」はコンテスト用に特別選別されたもので、2015年「お米日本一コンテスト」で最高金賞に輝いた。収穫量が少ないため「幻の米」とも称され、食味値90以上・1粒2ミリ以上の特別米となっている。

価格は2キロ入り3000円(税別、郵送料別途必要)。申し込みは電話またはメールで受け付ける。

同公社では、2月10日(土)〜12日(振休)までイオンつくば店特設コーナーで蔵出し奥久慈りんご「クリスプ・ピンク」を販売する。

■申し込み・問い合わせ
0295(76)8220/大子町特産品流通公社

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2018-02-09 10:30:26]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング