茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年2月) > 「阿見町産」で菓子や総菜
地図表示 印刷表示
2018年2月21日(水)

「阿見町産」で菓子や総菜

女性グループ加工品作り

阿見町役場で加工品を販売する研究会メンバーら
阿見町役場で加工品を販売する研究会メンバーら

レンコンや落花生など、阿見町産の農産物を食材に活用した菓子や総菜が月1回、同町役場に並んでいる。

手掛けるのは、農業に関わる女性10人でつくる「阿見町農産加工研究会」。地域資源を生かした加工品づくりについて開かれた勉強会をきっかけに、2016年春に有志でスタート。「安心・安全な物を届けたい」と、地場産の旬の野菜や果物を取り入れた加工品作りに取り組み、町内外のイベントに参加している。

月1回役場で開く販売会では、メンバーがそれぞれの得意分野を生かした品物を持ち寄り、昼休みの町職員や来庁者が買い求めるなど毎回好評を得ている。落花生を入れたおこわに定番の漬物、果実のソースで彩りを添えたレンコンゼリー、紫芋や安納芋を使ったサツマイモゼリー、ヤーコン入りパウンドケーキ、イチゴを使った菓子など約15種類の品々がずらり。

「お客さまから生の声を聞くことで改良できる。こんな商品が欲しいといったニーズもじかに聞けますよ」と会長の藤平清子さん(67)。販売会は毎月第3水曜の正午〜午後1時頃予定。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-02-21 09:30:25 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-06-21更新 ]
  1. 障がい者の労働支援プログラムを提供する「夢実現カンパニー」が、このほどつくば市上郷にオープン。働く意欲があり軽作業がこなせる18歳〜65歳の障がい者(精神・知的)を募集している。
  2. 土浦市立博物館では、昔ながらの「はたおり」体験教室を7月21日までの毎週土曜日に開講している。
  3. レストラン・ミルフルールでは、開店12周年記念の「周年祭コース」を7月31日(火)まで謝恩価格で提供している。
  4. 世界卓球選手権などで活躍する平野美宇選手の母で指導者の平野真理子さんを迎えた講演会が、6月28日(木)つくば市のノバホールで開かれる。
  5. メロン生産量日本一の鉾田市で50年以上栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで直売している。
  6. アニメキャラなどをラッピングした「痛車」の展示やコスプレ撮影を楽しめる催しが、6月17日(日)下妻市のWaiwaiドームしもつまで開かれる。
  7. 夏の味覚スイカとメロンを中心に阿見町の魅力を紹介する「まい・あみ・マルシェ」が、7月1日(日)予科練平和記念館ほかで開かれる。
  8. 2018年1月に下妻市長塚の鉄工所跡地に英国の街並みを模したギャラリーが完成し、バンドのPVや雑誌のロケ撮影などハウススタジオとしても利用されている。
  9. 龍ケ崎市のカフェダイニング・ケイジーノでは、7月31日(火)までのディナータイムに「夏の夜の特別フェア」を実施している。
  10. さまざまなボランティアやNPO団体が集合する市民活動フェスタが、6月17日(日)つくばセンター広場で行われる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  2. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. つくばと土浦で家づくり大相談会
  2. 6月23日と24日、夢ヶ丘学園南販売会
  3. 昔ながらの「はたおり」体験
  4. 6月28日、「夢を育む子育て」講演会
  5. スペシャリテづくしの「周年祭コース」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー