常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年2月) > 地域密着「ケンニイバンド」
印刷表示
2018年2月2日(金)

地域密着「ケンニイバンド」

4月に渾身の1stアルバムリリース


つくばをこよなく愛し、市内外で精力的なライブ活動を行う地域密着「ケンニイバンド」が、今春待望の1stアルバムをリリースする。バンドでは、アルバム制作のための資金をインターネット上で集めるクラウドファンディングに挑戦。今月末の25日(日)に期限が迫る中、「一緒にレコーディングに参加して、自分たちが住む街のことをもっと知ろう」と呼び掛けている。

バンドは2013年秋に結成。リーダーのケンニイこと中山健二さん(49)が、地元の名所を盛り込んだご当地ソングを作曲。近年ではTXの開業10周年を迎えた2015年に「終点つくば」を披露したほか、「ふるさとつくばゆいまつり」や筑波大生が企画し東日本大震災の被災地と連携した「食と酒東北まつり」など、地域に定着したイベントとコラボした。いずれの曲もイベントの趣旨を十分理解した上で歌詞を練り、「つくばらしさ」と「つくば愛」を盛り込んだ楽曲に仕上げている。

地元楽器店の全面協力を得て、レコーディングが始まったのは2017年6月。つくば市章がデザインされたギターを弾くメンバーの関頭広晃さん(46)は今回の支援に関し、「親父バンドが記念碑的に音源を制作するのではなく、皆で地元愛を醸成していくきっかけにしたい」と強調。中山さんも、「曲を通してつくばの過去・現在・未来を話し合い、新しい街の形を考えてほしい」と話す。アルバム「WE LOVE TSUKUBA」は4月21日リリース予定。

クラウドファンディングの参加型レコーディング(CD付き、5000円)は3月4日(日)午後1時半からミュージックプラントつくば店で行われる。支援は他に3000円(CD1枚)、6000円(CD、バンドTシャツ)、1万円(CD、Tシャツ、レコ発ライブ招待券)など。詳細はウェブで。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-02-02 08:30:29 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-10-17更新 ]
  1. 「HIMITSUKICHI FURNITURE & GENERAL STORE」は、アクメファニチャーやジャーナルスタンダードファニチャーなどの家具や照明器具、雑貨、ガーデングッズなどが豊富にそろう人気店。
  2. 土浦地方卸売市場では、市民向けの感謝市「いかっぺ市」を10月20日(土)に開催する。
  3. 「洋食 大かわ」に、期間限定の大人気メニュー「カキフライ」(1,080円)が満を持して今年も登場した。
  4. ゆとりの大空間で2杯立てサイフォンコーヒーが楽しめる珈琲専門店「コーヒーハウスとむとむ」。
  5. 関東・東北豪雨からの復興を全国にPRするハロウィーンパーティーが、10月21日(日)「市民の広場」で開かれる。
  6. おいしい素材と手作りにこだわったタルトと焼き菓子が好評のカフェ「焼菓子家 泉」が1周年を迎えた。
  7. つくば市春日にある「茶の木村園」では、希少糖入りの「とろりん茶」を通年で提供している。
  8. ゆっくり石臼で丁寧に自家製粉する「福乃家」で新そばを堪能できる季節が到来。
  9. 「シュラスコB」では、直火焼きの牛・豚・鶏を目の前で切り分ける豪快なスタイルのブラジル料理を提供している。
  10. スペイン料理「Cambio」では、看板メニューの「魚介のパエリャ」をはじめ、上質な料理や飲み物を提供している。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 「シュラスコB」では、直火焼きの牛・豚・鶏を目の前で切り分ける豪快なスタイルのブラジル料理を提供している。
  2. ゆっくり石臼で丁寧に自家製粉する「福乃家」で新そばを堪能できる季節が到来。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 樹齢300年のカナダ杉の大空間
  2. インテリアをもっと楽しく面白く
  3. 10月21日、常総でハロウィーンパーティー
  4. 豪華!プレゼント企画目白押し
  5. 名車50台、車検もリーズナブル
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー