2018年1月11日(木)

5つの外観と3つの間取り選べる「ファイブスター」

牛久・ウイングホームが新商品

のんびりした日常生活を提案するプロバンススタイルの外観
のんびりした日常生活を提案するプロバンススタイルの外観

提案型注文住宅を手掛けるウイングホーム(板東敏男社長)では、外観と間取りの組み合わせが15通りあるバラエティー豊かな新商品「ファイブスター」を販売している。

コンパクトで機能的な暮らしを提案する同商品は、高品質を保ちつつ材料や設備を厳選することでコストダウンを実現。耐震性・耐久性、衛生面にも優れ、子や孫の代まで住み続けられ資産価値を維持できるサスティナブルハウス。

外観はチューダーとプロバンス、アメリカン、フレンチ、ジャパニーズと5種類で、間取りプランは23.24坪タイプ(2LDK・3LDK対応)と25.49坪タイプ(同)、28.25坪タイプ(同)があり、暮らし方や家族構成などにより選べる。

「ハウスメーカーではできないと言われた予算で収まります。おしゃれでかわいい、かっこいい高級住宅で新生活を楽しみましょう」と同社スタッフ。発売記念価格1380万円から。

■問い合わせ
029(871)1022/ウイングホーム(牛久市ひたち野東1-7-2)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2018-01-11 10:30:23]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング