茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年1月) > 2月11日、常総で水害スタディツアー
印刷表示
2018年1月19日(金)

2月11日、常総で水害スタディツアー

最も被害甚大「水海道橋本町」巡る

水害直後の常総市水海道橋本町地内の様子
水害直後の常総市水海道橋本町地内の様子

関東・東北豪雨で被害を受けた常総市内を歩いて水害の爪痕を確かめ、改めて防災を学び直すスタディツアーが2月11日(祝)に開かれる。

主催する「見てみようよ!常総市の会(石川理司代表)」は、「水害を伝え、学べる催しが必要」との声を形にしようと商店主や町内会などの有志が集まり、これまで3回のスタディツアーを行ってきた。

今回歩くのは、2メートル以上とこれまでのツアーで一番水位が高かった水海道橋本町。市役所付近のため住宅や商店が密集しており、甚大な被害が発生した地域。再開できていない商店やアパートも多数存在し、未だ復興のめども立っていない状況だという。

当日は午前9時半に関東鉄道常総線北水海道駅に集合しオリエンテーション。コミュニティスペースに改装中の片野病院のほか、被害を受けた自転車店や家具店、明治・昭和の大洪水の碑、鬼怒川土手、新八間掘川水門などを見学。

その後、同市橋本町公民館で振り返りとまとめを行う。また、街歩きをしながら水害の影響調査や水位ステッカー貼りを行う。参加費2000円(ステッカー等必要経費代、お土産付き)で高校生以下は無料。

■申し込み・問い合わせ
Tel 0297(44)4281/岡野さん

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-01-19 09:30:13 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-05-21更新 ]
  1. ハンドメイド雑貨&カフェ「cafe Schuhe」の第5回クラフトマーケットが、5月26日(土)同店で開かれる。
  2. サッカー日本一を決める天皇杯が、5月26日に開幕する。茨城県からはアマチュアシード枠で流通経済大学トップチーム、県代表に同大セカンドチームが出場を決めた。選手らをスタンドで見守る「まちの応援団」は、大学がある龍ケ崎市の住民らで組織。オフサイドのルールも知らなかった地域のおじさんたちが「わが街の誇り」を支え、今年で丸10年が経つ。
  3. 大人がゆっくりくつろげる日帰り温泉施設「つくば温泉喜楽里別邸」が、このほどつくば市西大橋にオープンした。
  4. 最新の尻専門トレーニングマシーン「グルーツビルダー」を導入した「美尻美脚ジム」のオープニングキャンペーンが好評を得ている。
  5. 建築家のサポートで希望の家づくりを実現する「分離発注方式」勉強会が、5月26日(土)取手市のシンク設計事務所で開かれる。
  6. 約3万株が見ごろを迎える茨城県フラワーパークの「バラまつり」が、6月24日(日)まで開かれている。
  7. 筑波銀行OBが自慢の作品を出展する美術展が、5月23日(水)〜29日(火)まで筑波銀行本部ビル2階ギャラリーで開かれる。
  8. オンフルールヨガスタジオ&カレッジつくば校では、「初心者スタートアップキャンペーン」を5月31日(木)まで実施している。
  9. 「鞄・canoと靴・coupé展」が、5月19日(土)〜23日(水)までつくば市天久保のマニュファクトジャムで開かれる。
  10. 開店40周年を迎えた布の専門店「木綿屋こっとんちゃっく」では、毎年恒例の「はぎれ市」を5月24日(木)〜27日(日)までつくば店で開催する。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 約3万株が見ごろを迎える茨城県フラワーパークの「バラまつり」が、6月24日(日)まで開かれている。
  2. 大人がゆっくりくつろげる日帰り温泉施設「つくば温泉喜楽里別邸」が、このほどつくば市西大橋にオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 第5回クラフトマーケット
  2. 美尻美脚ジム
  3. 5月26日「分離発注方式」勉強会
  4. サッカー天皇杯、5月26日に開幕
  5. 5月末まで、入会キャンペーン
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー