茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年11月) > 取手駅西口に幅100メートル長〜い壁画登場
地図表示 印刷表示
2017年11月8日(水)

取手駅西口に幅100メートル長〜い壁画登場

カラフルに街を彩り

壁画の着彩作業
壁画の着彩作業

取手駅西口のJR擁壁(ようへき)に長さ約100メートルの壁画が描かれ、カラフルに彩られたコンクリート壁が市民の目を和ませている。

落書き防止や景観改善を目的に今夏行われた原画コンテストの応募作の一つで、29点の中から選ばれた。描かれたのは「未来につなぐ小さなキラキラ」と題した守谷市在住のイラストレーター高橋夏海さんの作品。花や星の光といった自然の輝きと、街の明かりや乗り物などの技術の輝きが描かれている。

制作は9月下旬ごろスタート。若手芸術家や市内にキャンパスのある東京芸術大学の学生、卒業生ら約20人が入れ替わりで作業。壁の表面の汚れやコケを洗浄後、プロジェクターで投影して下絵を描き、壁画用の絵の具で着彩。絵筆やハケを使い丁寧に絵を仕上げていった。着彩終了後は、汚れや落書き防止のため全体をコーティングして仕上げ。すぐ隣には2013年制作の壁画も位置し、合わせて楽しめる。

絵筆を動かしていた同大卒業生の女性(26)は「作業中、歩いている人から『明るくなっていいわね』と声を掛けてもらいました」。取手市壁画によるまちづくり実行委員会の委員長葛谷允宏さん(36)は「日常の空間、街の景観の中に絵があることを楽しんでもらえたら」と話している。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-11-08 08:30:00 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-09-20更新 ]
  1. つくば市竹園に「中津からあげ総本家もり山つくば竹園店」がこのほどオープンし、9月17日(祝)まで開店記念セールを実施している。
  2. 消防士の仕事に触れ、学び、体験できるイベントが、9月22日(土)土浦市消防本部屋外訓練場で行われる。
  3. つくば市柴崎の専門学校つくば自動車大学校の「tact祭」が9月22日(土)に開かれる。
  4. 土浦市の磯山自動車販売では、トラック全般の売買ほか重機、不動車などの高価買い取りを行っている。
  5. 全国の窯元の陶器がそろう第18回牛久全国大陶器市が、9月24日(振休)まで牛久市久野町の牛久浄苑・牛久大仏特設会場で開かれている。
  6. 不二建設が、築27年の中古マンションをフルリノベーションしたモデルルームを9月22日(土)に龍ケ崎市若柴町にオープン。24日(振休)までオープンルームを開催している。
  7. 自衛隊の音楽隊を招いたコンサートが、9月23日(日)つくば市の市民ホールやたべで行われる。
  8. 10月に本県で開催される世界湖沼会議を前に“泳げる霞ケ浦”を広くアピールするトライアスロン大会が、9月23日(祝)土浦新港発着コースで行われる。
  9. ローコスト住宅専門店・ココカラ生活の「強い地震に備えた住宅の構造見学会」が、9月22日(土)と23日(祝)つくば市内で開かれる。
  10. さくらガーデンでは、10月6日(土)に開催予定の土浦全国花火競技大会に合わせた各種弁当の予約を受け付けている。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市竹園に「中津からあげ総本家もり山つくば竹園店」がこのほどオープンし、9月17日(祝)まで開店記念セールを実施している。
  2. 関東・東北豪雨から10日で3年を迎えるのを前に、常総市の復興に関わったボランティア団体が先月下旬、西日本豪雨で被災した広島県に向かった。常総で培った経験を携え、「あの時」の恩返しに向かったチームに同行取材。水害の恐ろしさと事前の避難計画の大切さを改めて強く感じた。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 龍ケ崎にモデルルームがオープン
  2. 地震に強いローコスト住宅の構造見学会
  3. 高校通学や卒業資格、諦めないで
  4. 9月22日、土浦市消防フェス
  5. 花火弁当受け付け中
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー