茨城県地域情報紙「常陽リビング」
常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > 虐待…それでも人が好き
2017年10月13日(金)

虐待…それでも人が好き

詩人・藤枝利教(としゆき)の日々

重度脳性まひの詩人・藤枝利教さん(東海村、46歳)が12年間温めた絵本『3粒のぶどう家族』をこのほど出版、10月14日(土)つくば市内で朗読会&原画展が開かれる。少年期に受けた虐待の経験を基に、一文字ずつ紡いだ一房の家族の物語ー。藤枝さんは、「絵本を通し、相談することの大切さを知ってほしい」と呼び掛けている。

しあわせとは


「義務教育に福祉の時間があればいいのになぁ」と藤枝さん。(大崎いっとこ新聞提供)

ひとりで散歩ができること/友人と外出ができること/車の運転ができること/相手に気持ちが伝わること/悩みを聞いてあげられること(詩集『春雪トンネル』)

2014年冬。NPO法人日本朗読文化協会会員の前尾津也子さん(59)のフェイスブックのタイムラインに、とある詩が流れてきた。何気なく「いいね!」を押し、後に作者が「手足口が不自由で、24時間ヘルパーの介助を受け、車いすで独り暮らしをしている」と知った。「不思議と明るく、人に対する愛情や思いやりのある詩だな」と思った。

ある日、藤枝さんからメッセージが来た。「僕の詩を朗読してもらえませんか」

許してあげよう

自分で自分の事を許してあげよう/ぜんぶ許したら/ネガティブな事は自分から消える/言葉に傷つけられても/人から殴られても/身内から知らんぷりされても/何もかも裏切られても/許してあげよう/すべてを許したら良いことだらけ/だけども気付かないうちに/こっちも許せない事をやっているかも

藤枝さんの詩を朗読するにつれ、前尾さんは「今ある何気ない幸せ」に気付くと共に、「藤枝さんには他人を頼る力と、ひどいことをされても『相手にも事情がある』という諦観」を感じるようになった。

6歳から18歳まで施設で育った藤枝さんは幾度となく虐待を受けた。トイレで看護師に尻や腕をつねられ、先生には3年間無視された。幼い頃は読み書きが全くできなかったため、自分の思いを誰にも伝えられず、よく泣いていた。

小学5年の時、ヘッドギアに棒を付けて文字を打ち始めた。「お前はどうせ何もできない」と友人にからかわれたことをきっかけに、17歳から詩を書き始めた。現在は10文字を5分程度で打てるほどタイピングにも慣れたが、自分が受けた痛みを文字にしていくとき、怒りで一瞬心が支配される。それでも、「怒りを易しく、遠回しに表現するように心掛けています」。

音にならないことばこそ


8月に出版された『3粒のぶどう家族』

ことばが発せないこそ/自分らしい人生が送れる気がする/あっちからもこっちからも/色々なことばがきこえてくる/でもねぇ〜/さまざまなタイプのことばが/耳に入ってくるほどパニックになる/自分からことばを発信すれば/やじゅうも耳へとびこえてくる/すぐことばにならないほうが/その分隅々考えられる/一瞬だけことばを立ち止まると/新たな世界も見えるはず/俺のことばは/どんな時もすぐに出せないから/ひとの想いに寄り添える

34歳の時、藤枝さんは「大家族のような」一房のブドウを見て「絵本を通して相談することの大切さを伝えたい」と思った。活動を知った朗読家や画家が昨年冬からクラウドファンディングで資金を集め、今年8月に絵本が完成。

物語の主人公は、見た目が良くないブドウのアオシ。父からの暴言や見て見ぬふりをする母親の間で苦しむアオシが、勇気を出して周りに相談することで家族が絆を取り戻し、文字通り「元の房」に収まるー。刷り上がった絵本を前に、前尾さんは言った。「藤枝さんは負の感情を受けても人間が好き。本当に強い人だと思います」

朗読会&原画展は10月14日(土)午後1時〜2時半(原画展は午後3時)つくば市民ギャラリーで開催。車椅子来場可。入場料1000円、小学生以下500円
TEL:029(856)7007

関連コンテンツ
Ads by Google


つくばスタイル instagram フォトコンテスト
最新の一面記事
  1. 「孫育て」と「地域ぐるみ」
  2. 折って、結んで、手渡して #包む
  3. 定住目指し絶賛街づくり中
  4. 美浦木原小「起業体験」5年目
  5. 自分を高め、遠くに飛ばせ
注目の記事
  1. もうすぐ冬休み。家族や親戚が集まる機会が多いこの時期、祖父母に乳幼児や小さな子どもの面倒を見てもらうこともしばしば。程よい距離感を保ちながら周囲とより良い関係を築こうと開かれた「孫育て講座」から、昔は当たり前だった地域ぐるみの子育てをめぐる「今」を取材した。
  2. 体験型テーマパークこもれび森のイバライドでは、12月16日(土)と17日(日)クリスマスマーケット「フェルム・ド・ノエル」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 12月19日〜25日まで、石岡でハンドメード展
  2. 築地直送のネタが自慢
  3. 和牛ステーキひたちオープン
  4. 飲食など期間限定で最大7店
  5. 牛久駅前イルミで街に輝き
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング