茨城県地域情報紙「常陽リビング」
常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年10月) > 10月8日、つくば音(おと)万博
地図表示 印刷表示
2017年10月2日(月)

10月8日、つくば音(おと)万博

みんな「音もだち」になろう

企画・出演する河原井みつるさん(右)と音もだち
企画・出演する河原井みつるさん(右)と音もだち

上手・下手に関係なくみんなで演奏や歌を楽しむイベント「つくば音(おと)万博-音もだちになろう」が、10月8日(日)カスミつくばセンター(つくば市西大橋599-1)で開かれる。午後1時〜5時、予約不要、入場無料。

カスミグループが主催する第25回「わたしの企画」応援します!で採択された今年最初のイベントで、企画したのはひたちなか市出身、都内在住の河原井みつるさん。ドラマーとして音楽との向き合い方を探求し、演奏を通してコミュニケーションする楽しさこそ音楽の醍醐味と、笑い合い・学べるイベント「音楽笑学校」を考案。仲間と共に全国の小学校や障害者施設などで開催し、笑顔をつくるミュージックファシリテーターとしてイベント企画やマネジメント、司会業もこなしている。

今回は(1)レコーディング体験(未来の自分を応援することばを録音)先着15人(2)歌声ビュッフェ(昭和歌謡を中心に皆で歌う)先着25人(3)音が出る紙芝居(紙芝居に効果音や音楽が加わる)(4)ライブ&むちゃぶりセッション(簡単な楽器演奏を体験)の4つのパビリオンを設け、それぞれ自由に楽しんでもらう。

問い合わせはメールで。

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-10-02 10:30:29 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-12-13更新 ]
  1. 完全予約制のステーキダイニング「和牛ステーキひたち」が、このほどつくば市花室の土浦学園線沿いにオープンした。
  2. 土浦市の八坂通り入り口にある自転車店併設の「リルコーヒー」では、このほど新メニューとして「焼き芋」の提供を始めた。
  3. 取手駅ビル・ボックスヒル取手に起業支援のチャレンジショップ「MATCH MARKET」が、このほどオープン。飲食・物販など最大7店舗が1週間〜1年間の期間限定で並んでいる。
  4. 関東・東北豪雨で決壊した常総市三坂地区一帯に完成した堤防の土手を歩くウオーキングイベントが、12月10日(日)に開かれる。
  5. 取手市藤代地区の八つの保育園・幼稚園の園児が手掛けた工作や絵を飾る「こどもアート広場」が、12月17日(日)までふじしろ図書館で開かれている。
  6. 牛久駅周辺を彩るイルミネーション「ブリアントヴィルうしく」の点灯式がこのほど行われ、集まった市民や関係者らのカウントダウンで一斉にイルミが輝き出し、華やいだ雰囲気に包まれた。
  7. 「鮮度に自信・味にまごころ」がモットーの二代目寿し松つくば研究学園店では、年末年始向けの忘・新年会の予約を受け付けている。
  8. つくば市小田の宝篋山麓で布教や弱者救済に尽力した鎌倉時代の高僧・忍性の生誕800年を記念する講演会が、12月16日(土)つくば市役所で開かれる。
  9. 取手駅西口周辺をキャンドルの明かりで結ぶ「ゆいあかり」が、12月15日(金)行われる。
  10. 第23回全日本ラート競技選手権大会が12月9日(土)と10日(日)つくばカピオで開かれる。
つくばスタイル instagram フォトコンテスト
注目の記事
  1. もうすぐ冬休み。家族や親戚が集まる機会が多いこの時期、祖父母に乳幼児や小さな子どもの面倒を見てもらうこともしばしば。程よい距離感を保ちながら周囲とより良い関係を築こうと開かれた「孫育て講座」から、昔は当たり前だった地域ぐるみの子育てをめぐる「今」を取材した。
  2. 体験型テーマパークこもれび森のイバライドでは、12月16日(土)と17日(日)クリスマスマーケット「フェルム・ド・ノエル」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 築地直送のネタが自慢
  2. 和牛ステーキひたちオープン
  3. 飲食など期間限定で最大7店
  4. 牛久駅前イルミで街に輝き
  5. カフェで焼き芋を!
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー