茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年9月) > 「土浦花火弁当」お披露目
印刷表示
2017年9月13日(水)

「土浦花火弁当」お披露目

地場産食材、ふんだんに


来る10月7日(土)開催予定の「第86回土浦全国花火競技大会」を前に、地元の名店が腕によりをかけた「花火弁当」が披露され、土浦市役所で関係者向けの試食会が開かれた。

大会を盛り上げようと市内の飲食店が12年前から始めた企画で、今年は11店がレンコンや飯村牛など地元食材を盛り込んだ20種を用意。花火筒を模した三段重弁当の外箱を組み立てると器がすっぽり収まり、ひざの上に乗せた時の安定感も工夫されている。

試食した土浦市の中川清市長は「どの弁当もボリューム満点。ワカサギなど地場の食材を若い人に食べてもらう良いきっかけになれば」と話し、土浦名物弁当事業者部会の嶋田玲子部会長は「毎年味が洗練されてきている。今年は4000個完売が目標」と力強く語った。価格は2500円〜3000円程度、予約制で花火大会当日の引き渡し。申し込み・詳細は土浦市観光協会のホームページ参照。

■問い合わせ
Tel 029(824)2810/同協会

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2017-09-13 09:30:51 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-09-23更新 ]
  1. つくば自動車整備専門学校では、「tact祭2017」を9月23日(祝)に開催する。
  2. 土浦市の友常医院が装いも新たに友常クリニックとして10月2日(月)再オープンするのに先立ち、9月24日(日)完成内覧会を開催する。
  3. 全国の窯元の陶器がそろう第17回牛久全国大陶器市が、9月24日(日)まで牛久市久野町の牛久浄苑・牛久大仏特設会場で開かれている。
  4. ラクスマリーナでは、土浦市が主催する「霞ケ浦横断サイクルーズ」の参加者を募集している。
  5. 競馬専門フォトグラファーのスズキ大作さんの写真展「美駒たちのいる風景〜美浦トレセンの風」が、9月25日(月)まで地域交流館みほふれ愛プラザで開かれている。
  6. 牛久市の牛久シャトー内のレストラン「キャノン」では、9月25日(月)〜29日(金)にデザートフェアを開催する。
  7. 約3万株が見ごろを迎える茨城県フラワーパークの秋バラまつりが、9月23日(祝)〜11月5日(日)まで開かれる。
  8. 味噌らーめん専門店「たちばな・ひたち野店」では、オープン2周年祭を9月22日(金)〜24日(日)の3日間開催する。
  9. ゲームなどの影響で人気の日本刀の種類や変遷を基礎から紹介する企画展が9月24日(日)まで、水戸市の県立歴史館で開かれている。
  10. 江戸後期の絵師・島田遍井齋とその門人の絵を集めた展覧会が、10月1日(日)までかすみがうら市歴史博物館で開かれている。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 全国の窯元の陶器がそろう第17回牛久全国大陶器市が、9月24日(日)まで牛久市久野町の牛久浄苑・牛久大仏特設会場で開かれている。
  2. サッカー天皇杯で大学勢唯一の4回戦に駒を進めた筑波大。9月20日(水)の大宮戦に勝って8強入りすれば、Jリーグ発足以降初の快挙となる。初戦からYS横浜(J3)、ベガルタ仙台(J1)、アビスパ福岡(J2)と立て続けにJクラブを破る「ジャイアントキリング」を演じた強さの秘密は、一体どこにあるのか。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 9月23日から 秋バラまつり
  2. 「島田遍井齋一門展」開催中
  3. 9月23日「tact祭2017」
  4. 「霞ケ浦横断サイクルーズ」参加者募集
  5. 「i-works1.0心地よい居場所のあるすまい。」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー