2017年8月7日(月)

映画「夢のキセキ」上映会

茨城舞台に地元中高生起用

主演の宮崎さやさん(左)と小川純平さん
主演の宮崎さやさん(左)と小川純平さん

茨城を舞台にした映画「夢のキセキ」の無料上映会が8月13日(日)ふれあいの里石岡ひまわりの館(石岡市)、20日(日)県南生涯学習センター(土浦市)で開かれる。両日とも午後2時半開演。上映終了後には舞台あいさつもある。主催/映画「夢のキセキ」製作委員会。

土浦出身の鈴木純一さんが脚本・監督を務め、地元中高生をキャストに起用した映画は、城里町の中学生・芝咲夢が主人公。母の死に苦しみながらも大好きな人のため、母との思い出の地でもある大洗へ自転車で向かう。作品は、中高生が進路や家族・恋愛など悩み苦しみを抱えながらも友人や家族の絆に支えられ、それぞれの夢に強く進んでいく“キセキ”が描かれる。

主演の宮崎さやさん(18歳、土浦市)、小川純平さん(16歳、石岡市)、菅井祐希さん(17歳、土浦市)らメーンキャストをはじめ、本県出身者が多数出演。

「自分自身を変えてくれた作品」という宮崎さんは「大きな夢ではなくても、自分が乗り越えたいことや弱さ、目の前にある夢に向かって一歩を踏み出す作品です。特に同世代の中高生に見てほしい」と話している。

■問い合わせはメールで。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2017-08-07 10:30:13]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング