2017年8月10日(木)

9月3日まで、つくばエキスポセンターで「南極展」

観測隊の生活、VRで体験も

Loading...
南極展のポスターより
南極展のポスターより

つくばエキスポセンターでは、夏の企画展「南極展〜昭和基地開設から60年〜」を9月3日(日)まで開催している。

昭和基地開設から60年を迎えるのを機に、南極の自然や観測隊の活動などについて実物資料や映像、体験展示などで分かりやすく紹介。「南極の環境」ゾーンでは南極の氷の実物や白夜の紹介映像などが見られ、「南極観測隊の活動とくらし」では、野外活動用のテント・防寒服(一部試着可)の展示やVR(仮想現実)で観測隊の活動や生活を疑似体験できる。39億年前の石などの展示や観測機材の紹介ほか、オーロラの映像も楽しめる。

また、8月25日(金)にはプラネタリウムの生解説と生演奏を組み合わせた「星空コンサート」を開催。尺八とピアノ演奏をBGMに満点の星空を楽しめる。午後7時〜8時10分、入場料500円(ワンドリンク付き)。定員200人。申し込みは同館HPから。

■問い合わせ
029(858)1100/つくばエキスポセンター(つくば市吾妻2-9)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2017-08-10 09:30:18]


関連サイト

 


株式会社常陽リビング社 常陽リビング