2017年8月7日(月)

8月11日、常世の國まつり

郷土の芸能・文化、次代に

Loading...
子どもみこしも躍動する
子どもみこしも躍動する

地域の郷土芸能が勢ぞろいする「常世の國まつり」が、8月11日(祝)つくば市の小田城歴史ひろば(小田2377)で開かれる。正午〜午後8時。雨天翌日順延。入場無料。

太鼓や祭ばやし、盆踊りなど地域の芸能・文化を次代に引き継ごうと、小田地区出身の小出卓也さんが中心となって企画。歴史ある城跡を舞台に小田大獅子保存会や音遊人、玉里太鼓、琉球國祭り太鼓茨城支部が和太鼓ライブを繰り広げ、「子供祇園祭」と題した催しでは同地区の東部お囃子保存会や西部子供山車など子どもたちが躍動。

また、現在は廃れてしまった同地区の盆踊りがこの日のみ復活する。地産地消の食材を使った飲食ブースや和装レンタル・着付け体験(有料)なども。「浴衣でご来場いただければドリンク一杯サービスします」と小出さん。

■問い合わせ
080(6801)5196/実行委・小出さん

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2017-08-07 09:30:13]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング