茨城県地域情報紙「常陽リビング」
Beハウス・リモデル
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年8月) > 「メタボよりこわい慢性腎臓病」講座参加者受け付け中
地図表示 印刷表示
2017年8月25日(金)

「メタボよりこわい慢性腎臓病」講座参加者受け付け中

9月9日と16日、土浦で

専門の教授に学ぶ「メタボよりこわい慢性腎臓病」講座が、9月9日(土)と16日(土)土浦市生涯学習館(文京町9-2)で行われる。午前10時〜正午。

講座は、同館とつくば国際大学共催で実施。9日は「慢性腎臓病はなぜ怖いのか?」「慢性腎臓病の尿と血液検査を知る」「慢性疾患病ってX線写真上でどのように見える?」、10日は「透析療法による治療の現状」「腎臓とリハビリテーション」「慢性腎臓病患者の生活指導」がテーマ。

講師は医療技術学科や臨床検査学科、診療放射線学科、理学療法学科、看護学科の教授など。定員50人。8月31日(木)締め切り。受講希望者は、電話または同館窓口で申し込む。受講料1000円。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(822)3381/土浦市生涯学習館(月曜・祝日休館)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-08-25 08:30:22 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-11-20更新 ]
  1. JAつくば市谷田部主催の「秋のふれあい収穫祭」が、11月18日(土)と19日(日)同所で開かれる。
  2. みずほの村市場・牛久店では、開店7周年記念「みずほ牛久の村祭り」を11月18日(土)と19日(日)に実施する。
  3. 夏目漱石生誕150年に合わせた日本近代文学研究者・渡辺保幸さんの講演会が、11月25日(土)阿見町の本郷ふれあいセンターで開かれる。
  4. 地元出身横綱・稀勢の里関を応援する牛久相撲甚句会発足15周年記念発表会が、11月22日(水)牛久市のエスカードホールで行われる。
  5. 色とりどりの丸い形のクッションマムや江戸時代に創り出された古典菊など約3000株を栽培する「うしく菊花公園」が牛久市女化青年研修所敷地内に開園し、訪れる人を楽しませている。
  6. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、「れんこん祭」を11月18日(土)に開催する。
  7. モンゴルの良質な天然素材を使ったあったかグッズを扱うアンテナショップMONでは、5周年謝恩セールを11月18日(土)〜20日(月)まで開催する。
  8. 校内で育てたサツマイモで商品を開発し、実際に販売してお金の大切さを学ぶ起業体験活動「キッズカンパニー」が、美浦村立木原小学校で始まり5年目を迎えた。「会社」を設立し、大人顔負けの事業計画で厳しい融資審査を通過した児童たち。勤労感謝の日を前に、自ら考えて企画し、働く意味を知る実践的な教育が注目を集めている。
  9. 牛久市周辺に住む芸術家らによる「うしく現代美術展」が、11月19日(日)〜12月3日(日)まで同市中央生涯学習センターで開かれる。
  10. 子どもから大人まで気軽に走れる「第25回つくば健康マラソン」が、2018年2月3日(土)TX研究学園駅前公園周辺道路で行われるのを前に、主催するつくば市では参加者を募集している。
つくばスタイル instagram フォトコンテスト
注目の記事
  1. 子どもから大人まで気軽に走れる「第25回つくば健康マラソン」が、2018年2月3日(土)TX研究学園駅前公園周辺道路で行われるのを前に、主催するつくば市では参加者を募集している。
  2. 色とりどりの丸い形のクッションマムや江戸時代に創り出された古典菊など約3000株を栽培する「うしく菊花公園」が牛久市女化青年研修所敷地内に開園し、訪れる人を楽しませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 開店4周年の感謝祭
  2. 11月22日、牛久相撲甚句会15周年
  3. 11月25日、渡辺保幸さんの講演会
  4. 美浦木原小「起業体験」5年目
  5. 11月18日〜20日、MON5周年謝恩セール
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー