2017年7月11日(火)

阿見の青宿八坂神社祇園祭礼

7月15日に「お浜入り」一般公開

Loading...
2016年のお浜入りの様子
2016年のお浜入りの様子

霞ケ浦に入水する「お浜入り」が見どころの青宿八坂神社祇園祭礼が、7月15日(土)〜17日(祝)まで阿見町青宿地区(青宿121-1)で行われる。

五穀豊穣を祈願する同祭礼は、約700年前から行われている伝統の祭り。15日の宵祗園祭には、みこしを担いで陸上自衛隊武器学校から霞ケ浦に入るお浜入り(午後3時40分〜)が行われ、本祇園祭には各家を練り歩く。

担ぎ手は同地区の青年会や消防団により受け継がれ、27年前から「青宿むつみ会」が発足。現在のメンバーが祭りみこし巡行の一翼を担う。

「今年からお浜入りを一般公開します。町内だけで行っていた祭りを後世に残していきたい」と同会会長の石川健治さん(48)。お浜入りの見学希望者は陸上自衛隊武器学校正門前に午後3時半頃に集合する。

また、16日(日)午後4時には君島地区で同町民俗芸能無形文化財「君島ひょっとこ」も披露される。

■問い合わせ
029(888)1111/あみ観光協会

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2017-07-11 09:30:10]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング