常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年7月) > ヴィジュアル・コミュニケーション展
地図表示 印刷表示
2017年7月10日(月)

ヴィジュアル・コミュニケーション展

「見えない壁」探る

国内外の若手アーティストによる写真、映像、猟画、立体作品を通して「見えない壁」を考えるヴィジュアル・コミュニケーション展が、7月11日(火)〜17日(祝)つくば美術館で開かれる。午前9時半〜午後5時(最終日3時)、入場無料。

海外作家と交流して各国の文化や社会に理解を深め、若手作家の発表の場にもしようと映像作家の田嵜裕季子さんが企画する5回目の作品展。今回は「IN BETWEEN」と題して日本、アメリカ、オランダ、コロンビア、フランスなど19人の作家が「二元論では語れない現代」に生きることを問いかけ、フランスで活躍する若手作家の石橋英之さんと菊田真奈さんがキュレーションを行う。

また、15日(土)午後1時からは瀧澤秀樹さんの「ろう画ワークショップ」、16日(日)午後2時からは水戸芸術館学芸員・山峰潤也さんのアーティストトークが行われる。

■問い合わせ
Tel 090(1798)8729/田嵜さん

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-07-10 08:30:47 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-06-20更新 ]
  1. アニメキャラなどをラッピングした「痛車」の展示やコスプレ撮影を楽しめる催しが、6月17日(日)下妻市のWaiwaiドームしもつまで開かれる。
  2. 夏の味覚スイカとメロンを中心に阿見町の魅力を紹介する「まい・あみ・マルシェ」が、7月1日(日)予科練平和記念館ほかで開かれる。
  3. メロン生産量日本一の鉾田市で50年以上栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで直売している。
  4. 2018年1月に下妻市長塚の鉄工所跡地に英国の街並みを模したギャラリーが完成し、バンドのPVや雑誌のロケ撮影などハウススタジオとしても利用されている。
  5. さまざまなボランティアやNPO団体が集合する市民活動フェスタが、6月17日(日)つくばセンター広場で行われる。
  6. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  7. 龍ケ崎市のカフェダイニング・ケイジーノでは、7月31日(火)までのディナータイムに「夏の夜の特別フェア」を実施している。
  8. 筑波山周辺でここ数年、イノシシなど「有害鳥獣」による被害が深刻化している。北条米で有名なつくば市の山麓地域では一昨年度の農作物被害が年間3千万円、八郷地区を有する石岡市内では9年前に比べ捕獲数が約18倍と激増。周辺自治体の情報交換や猟友会と市民の連携など、地域一体で問題に取り組む必要性が急務となっている。
  9. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
  10. 新鮮野菜が並ぶ朝市が、6月17日(日)常総市の市民の広場で開かれる。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  2. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 初夏の訪れ、完熟メロン
  2. 夏をおいしく楽しく
  3. 下妻・嶋田功さんがギャラリー開所
  4. リビング◆クッキング
  5. 初夏のまい・あみ・マルシェ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー