茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年7月) > 地場産品盛り上げる「もりあぐ」
印刷表示
2017年7月6日(木)

地場産品盛り上げる「もりあぐ」

守谷の魅力、新発見

守谷市内の農産物や加工品などで地元を盛り上げようと活動するもりや循環型農食健協議会(もりあぐ)では、毎月第1・2・3日曜日に朝市を開催している。

第2日曜の7月9日は、市内のイタリアンレストラン・さくら坂VIVACEの朝市に出店。ヨーグルト嫌いの工房長も太鼓判を押すミルク工房もりやの「のむヨーグルト」「のむチョコヨーグルト」など飲食販売ほか、もりあぐが開発した「ほうれん草パスタ」や雑貨などを販売する。午前10時〜午後3時。

第1日曜に守谷駅西口駅前広場で開く「ふるさ都市もりや朝市」では季節の野菜など地場産品や、地元菓子店のスイーツ販売やフリーマーケットほか、そば打ち実演や流しそうめんといった季節に合わせた企画も行う。第3日曜にみずき野集会所で開かれる朝市には地場産品ほかパンの販売や、月替わりで市内の名店が出店する「朝市れすとらん」も開催。いずれも午前10時〜午後2時。

同協議会では、このほかにも市内の魅力を体感してもらおうとグリーンツーリズムの運営や、市内の素材を生かした商品開発などを行っている。詳細は「もりあぐ」フェイスブックで。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2017-07-06 08:30:52 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-07-26更新 ]
  1. 子連れでもヒップホップやレゲエ音楽が楽しめる野外フェスが、7月30日(日)小美玉市の空のえき「そ・ら・ら」で開かれる。
  2. 阿見町の夏を彩る「まい・あみ・まつり」が、8月5日(土)と6日(日)同町総合福祉会館周辺で行われる。
  3. 肝臓病について知識を深める「いばらき肝炎デー2017」が、7月29日(土)つくば国際会議場で開催される。
  4. 牛久市内を走るコミュニティーバス「かっぱ号」に乗って散策を楽しんでもらおうと「かっぱ号で巡る小路ガイド」が発行された。製作したNPO法人牛久駅前かっぱつ化委員会の会長細貝研司さんは「かっぱ号を利用して、牛久をぶらり旅してもらえたら」と期待を寄せている。
  5. つくば市内の5つの研究教育施設を巡るつくばサイエンスツアーバスが、今年も8月31日(木)まで運行している。
  6. 栄養豊富な地元有機栽培の野菜をたっぷり味わえる「食堂三日月」が、このほどつくば市吉瀬にオープンした。
  7. つくばみらい市下小目のつくばエクスプレス(TX)沿線で田んぼアートが見ごろを迎え、今年のテーマ「ここちいいところ」の文字やカエルやトンボ、メダカといった田んぼの生き物たちのイラストが、色違いの稲を使って描かれている。
  8. 茨城県内の外国人観光客が増加する中、県国際交流協会では英語の通訳ボランティア育成講座の参加者を募集している。
  9. NPO法人霞ケ浦アカデミーでは、8月20日(日)行方市の霞ケ浦ふれあいランド水の科学館でカヌー体験教室を開く。
  10. 取手市社会福祉協議会では「助けあい」「思いやり」「やさしさ」をテーマにした「助けあい物語賞」の作品を、市内在住・在学・在勤者を対象に募集している。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 古民家再生や木造建築を手掛けるけんちく工房邑では、「民家型モデルハウス」の宿泊体験を実施している。
  2. 夏の夜に野外で本物の音楽を楽しみ、新住民同士の交流を図る「トワイライト音楽祭」が、7月29日(土)研究学園駅前公園で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 牛久、コミバス活用でぶらり旅
  2. つくばサイエンスツアーバス
  3. 「ここちいいところ」テーマ
  4. 通訳ボランティア募集
  5. 取手社協「助けあい物語賞」
四川飯店アルファ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー