茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年7月) > 古民家の食事処6年ぶり再開
地図表示 印刷表示
2017年7月11日(火)

古民家の食事処6年ぶり再開

つくば、吉瀬(きせ)の里

新緑に囲まれた築150年の古民家
新緑に囲まれた築150年の古民家

つくば市吉瀬(きせ)の国登録有形文化財「るーらるはうす」が、東日本大震災から6年を経てこのほど再開した。

建物を管理する根本健一さんは「農村の暮らしを見直し、野良仕事や里山の活用、手仕事の組み合わせを現代に復刻させよう」と4半世紀にわたり活動。築150年を数える古民家の「おもや」は、食事処として親しまれていた。

修繕を終えたいす席の「ひろま」では、シニア青年会「吉瀬(きせ)の里くらぶ」のメンバーによる手打ちの常陸秋そば(金土日、40食)や地元の福祉農場「オーガファーム」の有機野菜を織りまぜたお重弁当(月〜木、20食)が味わえる。

民泊解禁を受け、「はなれ」では「鳥のさえずりや湧き水の水音で目覚められる体験宿泊も準備中です。古民家の縁側はとても涼しいですよ。ぜひいろんな体験をしに遊びに来てください」と根本さん。

営業時間/午前11時半〜午後3時。水曜・祝日定休。

■問い合わせ
Tel 029(857)1177/るーらるはうす(つくば市吉瀬1680-1 民家園つくば文化郷内)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-07-11 10:30:08 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-07-25更新 ]
  1. 栄養豊富な地元有機栽培の野菜をたっぷり味わえる「食堂三日月」が、このほどつくば市吉瀬にオープンした。
  2. NPO法人霞ケ浦アカデミーでは、8月20日(日)行方市の霞ケ浦ふれあいランド水の科学館でカヌー体験教室を開く。
  3. 高さ約14メートルの柱に舞男と呼ばれる演者が登って妙技を繰り広げる国選択・県指定無形民俗文化財「撞舞」が、7月23日(日)夕刻、龍ケ崎市根町の撞舞通りで行われる。
  4. デビス杯のシングルス・ダブルス共に日本代表最多勝利・最多出場記録保持者の鈴木貴男プロから指導を受けられるテニス教室が、8月27日(日)筑波北部公園で開かれる。
  5. 古民家再生や木造建築を手掛けるけんちく工房邑では、「民家型モデルハウス」の宿泊体験を実施している。
  6. 夏の夜に野外で本物の音楽を楽しみ、新住民同士の交流を図る「トワイライト音楽祭」が、7月29日(土)研究学園駅前公園で開かれる。
  7. 去る6月、ドイツで行われた世界卓球選手権混合ダブルスで見事金メダルを獲得した吉村真晴・石川佳純ペア。同種目の日本勢金メダルは48年ぶりの快挙に加え、誰もが諦めかけた苦境からの大逆転が大きな感動を呼んだ。そんな試合を吉村選手の父・弘義さんは冷静な目で観戦し「バック、フォアを強化しないとね」と分析。父であると同時にコーチとして厳しく・温かく息子を見守る。
  8. 肝臓病について知識を深める「いばらき肝炎デー2017」が、7月29日(土)つくば国際会議場で開催される。
  9. フェルトや毛糸でハンドパペットを作り人形劇を撮影するワークショップが、8月8日(火)つくば美術館で開かれる。
  10. つくば市吾妻の筑波学院大学図書館内に、愛好家から寄贈されたクラシックカメラが多数展示され、本を借りに来た学生やふらりと立ち寄った市民らの興味を引いている。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 古民家再生や木造建築を手掛けるけんちく工房邑では、「民家型モデルハウス」の宿泊体験を実施している。
  2. 夏の夜に野外で本物の音楽を楽しみ、新住民同士の交流を図る「トワイライト音楽祭」が、7月29日(土)研究学園駅前公園で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 7月29日、つくばで「肝炎デー」イベント
  2. 8月20日、霞ケ浦でカヌー体験
  3. リビング◆クッキング
  4. 鈴木貴男プロが直接指導
  5. 安全野菜の優しい味
四川飯店アルファ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー