茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年7月) > 古民家の食事処6年ぶり再開
地図表示 印刷表示
2017年7月11日(火)

古民家の食事処6年ぶり再開

つくば、吉瀬(きせ)の里

新緑に囲まれた築150年の古民家
新緑に囲まれた築150年の古民家

つくば市吉瀬(きせ)の国登録有形文化財「るーらるはうす」が、東日本大震災から6年を経てこのほど再開した。

建物を管理する根本健一さんは「農村の暮らしを見直し、野良仕事や里山の活用、手仕事の組み合わせを現代に復刻させよう」と4半世紀にわたり活動。築150年を数える古民家の「おもや」は、食事処として親しまれていた。

修繕を終えたいす席の「ひろま」では、シニア青年会「吉瀬(きせ)の里くらぶ」のメンバーによる手打ちの常陸秋そば(金土日、40食)や地元の福祉農場「オーガファーム」の有機野菜を織りまぜたお重弁当(月〜木、20食)が味わえる。

民泊解禁を受け、「はなれ」では「鳥のさえずりや湧き水の水音で目覚められる体験宿泊も準備中です。古民家の縁側はとても涼しいですよ。ぜひいろんな体験をしに遊びに来てください」と根本さん。

営業時間/午前11時半〜午後3時。水曜・祝日定休。

■問い合わせ
Tel 029(857)1177/るーらるはうす(つくば市吉瀬1680-1 民家園つくば文化郷内)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-07-11 10:30:08 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-05-21更新 ]
  1. ハンドメイド雑貨&カフェ「cafe Schuhe」の第5回クラフトマーケットが、5月26日(土)同店で開かれる。
  2. サッカー日本一を決める天皇杯が、5月26日に開幕する。茨城県からはアマチュアシード枠で流通経済大学トップチーム、県代表に同大セカンドチームが出場を決めた。選手らをスタンドで見守る「まちの応援団」は、大学がある龍ケ崎市の住民らで組織。オフサイドのルールも知らなかった地域のおじさんたちが「わが街の誇り」を支え、今年で丸10年が経つ。
  3. 大人がゆっくりくつろげる日帰り温泉施設「つくば温泉喜楽里別邸」が、このほどつくば市西大橋にオープンした。
  4. 最新の尻専門トレーニングマシーン「グルーツビルダー」を導入した「美尻美脚ジム」のオープニングキャンペーンが好評を得ている。
  5. 建築家のサポートで希望の家づくりを実現する「分離発注方式」勉強会が、5月26日(土)取手市のシンク設計事務所で開かれる。
  6. 約3万株が見ごろを迎える茨城県フラワーパークの「バラまつり」が、6月24日(日)まで開かれている。
  7. 筑波銀行OBが自慢の作品を出展する美術展が、5月23日(水)〜29日(火)まで筑波銀行本部ビル2階ギャラリーで開かれる。
  8. オンフルールヨガスタジオ&カレッジつくば校では、「初心者スタートアップキャンペーン」を5月31日(木)まで実施している。
  9. 「鞄・canoと靴・coupé展」が、5月19日(土)〜23日(水)までつくば市天久保のマニュファクトジャムで開かれる。
  10. 開店40周年を迎えた布の専門店「木綿屋こっとんちゃっく」では、毎年恒例の「はぎれ市」を5月24日(木)〜27日(日)までつくば店で開催する。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 約3万株が見ごろを迎える茨城県フラワーパークの「バラまつり」が、6月24日(日)まで開かれている。
  2. 大人がゆっくりくつろげる日帰り温泉施設「つくば温泉喜楽里別邸」が、このほどつくば市西大橋にオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 第5回クラフトマーケット
  2. 美尻美脚ジム
  3. 5月26日「分離発注方式」勉強会
  4. サッカー天皇杯、5月26日に開幕
  5. 5月末まで、入会キャンペーン
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー