茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年7月) > 古民家の食事処6年ぶり再開
地図表示 印刷表示
2017年7月11日(火)

古民家の食事処6年ぶり再開

つくば、吉瀬(きせ)の里

新緑に囲まれた築150年の古民家
新緑に囲まれた築150年の古民家

つくば市吉瀬(きせ)の国登録有形文化財「るーらるはうす」が、東日本大震災から6年を経てこのほど再開した。

建物を管理する根本健一さんは「農村の暮らしを見直し、野良仕事や里山の活用、手仕事の組み合わせを現代に復刻させよう」と4半世紀にわたり活動。築150年を数える古民家の「おもや」は、食事処として親しまれていた。

修繕を終えたいす席の「ひろま」では、シニア青年会「吉瀬(きせ)の里くらぶ」のメンバーによる手打ちの常陸秋そば(金土日、40食)や地元の福祉農場「オーガファーム」の有機野菜を織りまぜたお重弁当(月〜木、20食)が味わえる。

民泊解禁を受け、「はなれ」では「鳥のさえずりや湧き水の水音で目覚められる体験宿泊も準備中です。古民家の縁側はとても涼しいですよ。ぜひいろんな体験をしに遊びに来てください」と根本さん。

営業時間/午前11時半〜午後3時。水曜・祝日定休。

■問い合わせ
Tel 029(857)1177/るーらるはうす(つくば市吉瀬1680-1 民家園つくば文化郷内)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-07-11 10:30:08 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-01-22更新 ]
  1. 県立中央青年の家の「ぬく森まつり」が、1月28日(日)に開かれる。
  2. 昔懐かしい遊びが楽しめる催しが、1月27日(土)阿見町の予科練平和記念館で開かれる。
  3. ミュージアムパーク茨城県自然博物館の「移動博物館」が、1月23日(火)〜2月4日(日)まで常総市立図書館で開催される。
  4. 市内外のさまざまな世代の音楽団体による「もりやミュージックフェスタ」が、1月28日(日)守谷市中央公民館で開かれる。
  5. 取手市観光協会では、市内の名所や旧跡・季節の風景や催しなどを題材にした「とりで観光フォトコンテスト」の作品を募集している。
  6. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月27日(土)と28日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  7. アルルホームズが施工する「1000万円台の家」完成見学会が、1月20日(土)と21日(日)つくば市と龍ケ崎市で開かれる。
  8. 龍ケ崎市観光物産協会では、龍ケ崎の自然や歴史、特産物などの魅力を県内外に広く伝える「第3代龍ケ崎観光アンバサダー」を募集している。
  9. 英語での幼児教育を実践しているキッズクリエーションつくばでは、4月に新規オープンする「幼稚園コース未就園児クラス」の入園申し込みを受け付けている。
  10. 関東・東北豪雨で被害を受けた常総市内を歩いて水害の爪痕を確かめ、改めて防災を学び直すスタディツアーが2月11日(祝)に開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 取手市観光協会では、市内の名所や旧跡・季節の風景や催しなどを題材にした「とりで観光フォトコンテスト」の作品を募集している。
  2. 幼少期から女優の夢をひたむきに追い続ける宮崎さやさんは、茨城を舞台にした数々の映画に出演。ふとしたきっかけで入った演技の世界で地域のあたたかさを実感し、今春の高校卒業後は芸能活動に専念。大女優という夢に向け、地元茨城から一歩ずつ歩き出した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 2月4日「伊東甲子太郎と幕末の同志」
  2. 2月11日、常総で水害スタディツアー
  3. 1月28日、もりやミュージックフェスタ
  4. 1月27日、冬休みこども会
  5. 第3代観光アンバサダー 1月31日まで募集
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー