茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年7月) > つくばみらいの里山でそば作り
印刷表示
2017年7月5日(水)

つくばみらいの里山でそば作り

独身男女の農業体験 参加者受け付け中

そばの種まきや収穫、そば打ちを通して男女の出会いの場をつくる農業体験が、8月からつくばみらい市城山運動公園周辺の里山で行われる。現在、参加者を募集中。

主催するのは、里山の再生と遊休化する農地を活用することで豊かな自然環境を守るNPO法人「城山を考える会」。そば作りやしめ縄作り、餅つきなどを企画し、地元野菜を使った昼食や新鮮な野菜の土産も付く。

対象は20歳〜45歳の独身男女で、そばの種まき(8月)、土寄せ(9月)、そば刈り・脱穀(10月)、そば打ち・しめ縄作り・城山の里まつり(11月)、餅つき(12月)、意見交換(来年1月)の計6回すべてに参加できる人。参加費5000円。定員各10人(先着順)。

希望者は住所、氏名、生年月日、年齢、性別、電話番号を明記してメールまたは郵送する(7月28日(金)締め切り)。送り先〒300-2404つくばみらい市南924 つくばみらい市農業体験事務局まで。

■問い合わせ
Tel 090(8039)9090/事務局・横田さん

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2017-07-05 08:30:52 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-07-26更新 ]
  1. 子連れでもヒップホップやレゲエ音楽が楽しめる野外フェスが、7月30日(日)小美玉市の空のえき「そ・ら・ら」で開かれる。
  2. 阿見町の夏を彩る「まい・あみ・まつり」が、8月5日(土)と6日(日)同町総合福祉会館周辺で行われる。
  3. 肝臓病について知識を深める「いばらき肝炎デー2017」が、7月29日(土)つくば国際会議場で開催される。
  4. 牛久市内を走るコミュニティーバス「かっぱ号」に乗って散策を楽しんでもらおうと「かっぱ号で巡る小路ガイド」が発行された。製作したNPO法人牛久駅前かっぱつ化委員会の会長細貝研司さんは「かっぱ号を利用して、牛久をぶらり旅してもらえたら」と期待を寄せている。
  5. つくば市内の5つの研究教育施設を巡るつくばサイエンスツアーバスが、今年も8月31日(木)まで運行している。
  6. 栄養豊富な地元有機栽培の野菜をたっぷり味わえる「食堂三日月」が、このほどつくば市吉瀬にオープンした。
  7. つくばみらい市下小目のつくばエクスプレス(TX)沿線で田んぼアートが見ごろを迎え、今年のテーマ「ここちいいところ」の文字やカエルやトンボ、メダカといった田んぼの生き物たちのイラストが、色違いの稲を使って描かれている。
  8. 茨城県内の外国人観光客が増加する中、県国際交流協会では英語の通訳ボランティア育成講座の参加者を募集している。
  9. NPO法人霞ケ浦アカデミーでは、8月20日(日)行方市の霞ケ浦ふれあいランド水の科学館でカヌー体験教室を開く。
  10. 取手市社会福祉協議会では「助けあい」「思いやり」「やさしさ」をテーマにした「助けあい物語賞」の作品を、市内在住・在学・在勤者を対象に募集している。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 古民家再生や木造建築を手掛けるけんちく工房邑では、「民家型モデルハウス」の宿泊体験を実施している。
  2. 夏の夜に野外で本物の音楽を楽しみ、新住民同士の交流を図る「トワイライト音楽祭」が、7月29日(土)研究学園駅前公園で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 牛久、コミバス活用でぶらり旅
  2. つくばサイエンスツアーバス
  3. 「ここちいいところ」テーマ
  4. 通訳ボランティア募集
  5. 取手社協「助けあい物語賞」
四川飯店アルファ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー