茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年6月) > 「知っておきたい家づくりの原価について」
地図表示 印刷表示
2017年6月30日(金)

「知っておきたい家づくりの原価について」

7月8日、土浦で大人の学校講座

以前の講座の様子
以前の講座の様子

実績豊富な建築家のプロによる第2回「大人の学校講座—知っておきたい家づくりの原価について」が、7月8日(土)常陽リビング社で開かれる。午前10時〜11時半、参加無料。主催/Beハウス、協賛/常陽リビング社。

講師はデザイナーズ住宅を数多く手掛けるBeハウス(牛久市)の飯田高さん。

1部は「家づくりの補助金について知っておこう」と題し、住宅ストック循環支援事業やネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業、地域型住宅グリーン化事業について解説。

2部は高性能でこだわりのデザインをかなえる「価格の見える化」や土地の選び方、北道路の価値など耳寄り情報満載の「ゼロエネルギー住宅の実例&原価公開」について解説する。
事前予約制、定員10組。希望者は電話またはファクスで住所、氏名、参加人数、電話番号を明記し常陽リビング社「大人の学校講座」係まで申し込む。受け付けは月〜金曜午前9時〜午後5時半、土曜正午まで。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(824)7111/常陽リビング社(土浦市桜ケ丘町7-10)
Fax 029(824)8443

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-06-30 10:30:22 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-06-19更新 ]
  1. 2018年1月に下妻市長塚の鉄工所跡地に英国の街並みを模したギャラリーが完成し、バンドのPVや雑誌のロケ撮影などハウススタジオとしても利用されている。
  2. メロン生産量日本一の鉾田市で50年以上栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで直売している。
  3. 龍ケ崎市のカフェダイニング・ケイジーノでは、7月31日(火)までのディナータイムに「夏の夜の特別フェア」を実施している。
  4. 夏の味覚スイカとメロンを中心に阿見町の魅力を紹介する「まい・あみ・マルシェ」が、7月1日(日)予科練平和記念館ほかで開かれる。
  5. アニメキャラなどをラッピングした「痛車」の展示やコスプレ撮影を楽しめる催しが、6月17日(日)下妻市のWaiwaiドームしもつまで開かれる。
  6. 筑波山周辺でここ数年、イノシシなど「有害鳥獣」による被害が深刻化している。北条米で有名なつくば市の山麓地域では一昨年度の農作物被害が年間3千万円、八郷地区を有する石岡市内では9年前に比べ捕獲数が約18倍と激増。周辺自治体の情報交換や猟友会と市民の連携など、地域一体で問題に取り組む必要性が急務となっている。
  7. さまざまなボランティアやNPO団体が集合する市民活動フェスタが、6月17日(日)つくばセンター広場で行われる。
  8. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  9. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
  10. 嚥下について深く学ぶ講演会が、6月22日(金)筑波大学総合研究棟A110室で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 常総市新石下の同市地域交流センター(豊田城)が、子育て世代向けの大幅リニューアルで入場者数を急増させている。
  2. さまざまな砂について学ぶ小学生向けの催しが、6月23日(土)地質標本館で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 初夏の訪れ、完熟メロン
  2. 夏をおいしく楽しく
  3. 下妻・嶋田功さんがギャラリー開所
  4. リビング◆クッキング
  5. 初夏のまい・あみ・マルシェ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー