常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビング一面記事 > ひよっこ、4月3日から放送開始
2017年3月31日(金)

ひよっこ、4月3日から放送開始

茨城舞台の連続テレビ小説

茨城県が舞台のNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」が、4月3日(月)からスタートする。日本の高度経済成長を支えた地方出身の名もなき「金の卵」であるヒロインに特別な能力や壮大な夢はないが、脚本の岡田惠和さんは「自らの殻を破って成長するヒロインたちと、半年間一緒に笑って泣いてほしい」と話す。

ドラマは2016年11月2日、里山の風景が広がる高萩市でクランクイン。地元エキストラが述べ350人参加し、炊き出しでロケ隊をもてなした。「口数は少ないのに、たまに喋ると毒舌」というヒロインの祖父を演じる古谷一行さんは、「早朝の撮影が始まると朝霞がぱっと開けてね。こんな風景の中で仕事ができるって素晴らしいね」。母親役の木村佳乃さんも「ここにいるだけで癒やされる」と野良着姿で県北の空気を吸い込んだ。

名もなき「金の卵」たち


東京編の衣装で「ひよっこ」の試写会に出席した有村架純さん=3月15日、NHK放送センター

96作目となる連続テレビ小説の舞台は、日本中が高揚感に包まれていた東京オリンピック目前の1964年(昭和39)秋。「奥茨城村」でのびのびと育ち、将来は家族と畑仕事に精を出すつもりだった谷田部みね子(有村架純)の人生は、一家が不作の年に作った借金を返すため東京に出稼ぎに行った父(沢村一樹)の失踪で一変する。先月行われた報道陣向けの試写会で脚本の岡田惠和さんは、「大きな出来事や事件は起きないが、日常の小さな積み重ねを描いた」と話した。

幼馴染と集団就職で上京し、下町の町工場で働き始めたみね子。五輪後の不況で工場は閉鎖するが、かつて父から帰省時に土産話で聞かされた洋食屋で働き始め、見知らぬ街だった東京で自分の殻を破り、しっかりと根を張っていく。

茨城弁「難しい」


里山の風景が残る高萩市内で行われた茨城ロケ。ドラマでは「いばら“き”」にこだわるシーンも随所に盛り込まれている

2016年9月の先行ロケでは稲刈りシーンを撮影。演出の黒崎博さんによると、茨城ロケに備え有村さんは体重を5キロ増やし、ふっくらとした「農家の女性」で撮影に臨んだという。

苦労したのは茨城弁。「思い込みで抑揚をつけると東北訛りになってしまう。よく使った言葉?『しゃあんめ』と『んだ』ですね。これだけでいろんな会話が成立する茨城弁ってすごい」。木村さんも「訛りで迷った時は(常総市出身の)羽田美智子さんに聞く」が、「本番では逆に一番方言指導されている」と撮影の裏話も披露した。

幻の聖火リレー

ドラマの放送開始を受け、県北の6市町と観光団体では「茨城県北ひよっこ推進協議会」を設立。「ひよっコラボ」シールを土産品に貼った「ひよっこセレクション」をPRするほか、スタンプラリーも開催予定。桜まつり開催中の土浦市では、4月1日から撮影で使われたボンネットバスが市内の桜の名所を巡り、放送開始に華を添える。

ドラマでは東京五輪の聖火リレーにまつわるエピソードが描かれる。制作統括の菓子浩さんによると、実際に聖火リレーが茨城県北地域を回った記録はないが、岡田さんと当時の資料や写真を探していたところ、旧里美村(現常陸太田市)で村を挙げた“手作り聖火リレー”の写真を見つけ、脚本に盛り込んだという。憧れの東京と「近いようで遠く、帰ろうと思えば帰れる」故郷との“微妙な距離感”が茨城県民の郷愁を誘うドラマは、4月3日(月)午前8時から総合テレビほかで放送される。

関連コンテンツ
Ads by Google


女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
最新の一面記事
  1. 家族で楽しく「大掃除」
  2. 災害時に役立つ「パッククッキング」
  3. 暗い顔を、紅く染めた
  4. 筋肉増で健康に
  5. 「大切なあなた」へ。
注目の記事
  1. 「本格江戸前寿司を自宅で楽しめる」と、福鮨つくば店のテークアウトが好評を得ている。
  2. 利根町の寝具縫製工場「センショウ」が、ガーゼマスクの製造販売を開始した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 背中セラピーが半額
  2. 羽毛布団リフォーム好評 布団打ち直しも
  3. Beハウスの「出張サポート」好評
  4. 「福鮨」のテークアウト好評
  5. 洗えるガーゼマスク
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング