茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 3月25日牛久で女化春祭り
地図表示 印刷表示
2017年3月18日(土)

3月25日牛久で女化春祭り

懐かしい校舎でアートと音楽を

昭和初期に建築された懐かしい木造校舎を活用してアートや音楽を楽しむ「女化春祭り〜春一番のおもてなし」が、3月25日(土)牛久市女化青年研修所で開かれる。午前10時〜午後2時。入場無料。主催/女化文化芸術活動推進協議会。

同協議会主催のアート講座講師と生徒OBによる書道や版画、刺繍、古布を再利用した作品などを展示するほか、午後1時からは牛久市民吹奏楽団常任指揮者・関稔さんがオカリナ演奏会で懐メロを演奏(事前予約が必要)。

また、食のおもてなしとして春ご飯やとん汁、手作り菓子、新鮮な地場野菜の販売ほか、甘酒が無料で振る舞われる。「校庭では桜やニラの花が見頃を迎える予定です。女化に春を感じに来ませんか」と同協議会。

■予約・問い合わせ
Tel 029(872)0442/同協議会(火水木午前9時〜午後3時、牛久市女化町391-1女化青年研修所内)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-03-18 10:30:41 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-10-24更新 ]
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. みずほの村市場では、秋の収穫を祝う恒例の「村まつり」を10月28日(土)と29日(日)に開催する。
  3. つくば国際ペット専門学校の第10回学園祭「犬友祭」が、10月28日(土)午前10時からつくばわんわんランドで開かれる。
  4. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
  5. 筑波研究学園専門学校の「輝峰祭」が、10月28日(土)と29日(日)に開かれる。
  6. 龍ケ崎市の市民交流プラザ開館1周年を記念し、「ゴブリン博士」ことアーティスト小中大地さんを迎えた工作体験ワークショップが10月29日(日)同館で開かれる。
  7. 鎌倉から戦国時代にかけて常陸国南部一帯で勢力を誇った小田氏を弔う大護摩法要が、10月28日(土)つくば市の小田城跡歴史ひろばで開かれる。
  8. 筑波学院大学の学園祭・KVA祭「十人十色」が、10月28日(土)と29日(日)に開かれる。
  9. 取手競輪場では、12月2日(土)に「初心者のための競輪観戦&明治なるほどファクトリー守谷見学ツアー」を開催。20歳以上の競輪初心者30人を無料招待する。
  10. 県内の人気コロッケ店が集合する催しが、10月22日(日)龍ケ崎市役所駐車場で行われる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 10月28日と29日、筑波学院大学でKVA祭
  2. 10月28日29日、学園祭「輝峰祭」
  3. 10月28日「犬友祭」
  4. 10月29日、ゴブリン博士と葉っぱで工作
  5. リビング◆クッキング
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー