常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 自然農田んぼ塾で米作りしませんか
印刷表示
2017年3月17日(金)

自然農田んぼ塾で米作りしませんか

不耕起・無農薬・無堆肥

認定NPO法人宍塚の自然と歴史の会では、自然農田んぼ塾の参加者を募集している。

同NPO(及川ひろみ理事長)は、多彩な動・植物が生息する土浦市の宍塚大池と周辺里山を保全しようと、市民や研究者が1989年に発足。大池近くの耕作放棄水田も復田させ、市民参加のオーナー米制度や田んぼの学校など自然への関心を高める活動を展開。自然農田んぼ塾もその一つで、「耕さず草や虫を敵とせず」を提唱する山口由一さんの自然農法に基づく不耕起・無農薬・無堆肥で米作りを行い、一昨年からは新しい方法も組み合わせている。

今年の作付けは黒米(酒米)やうるち米、赤米(もち米)、古代米、まんげつもち、プリンセスサリー(香り米)ほか計9品種。塾生には収穫米を配分する。作業日は木曜・土日の午前中で、2カ月に1回の会議や料理教室、他団体との交流もある。年会費2000円。申し込みはメール(住所、氏名、電話番号、メールアドレス明記)か電話で受け付ける(3月末締め切り)。

Tel 080(5414)0769/菊地さん

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2017-03-17 08:30:02 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-02-26更新 ]
  1. 自転車で移動しながら写真を撮影し、チェックポイントを回って得点集めを競う「サイクルハンティング」が3月24日(土)筑波山麓で開かれるのを前に、主催するチーム36では参加者を募集している。
  2. 結婚希望者に出会いのチャンスを提供しているNPO法人ベル・サポートの出会いパーティーが、3月11日(日)つくば市のホテルグランド東雲で開かれる。
  3. 一橋徳川家に伝わる調度品や絵画、武具などを紹介する特別展が、3月21日(祝)まで水戸市の県立歴史館で開かれている。
  4. 猛禽類のタカの仲間「サシバ」など取手市内に生息する野鳥の姿を紹介する「里山の鳥」写真展が、2月28日(水)まで取手市のとりでアートギャラリーきらりで開かれている。
  5. 常総市の「雛祭り」が、2月24日(土)と25日(日)水海道あすなろの里で開かれる。
  6. かつて土浦周辺の農家が農閑期に行っていた「はたおり」を再現した作品展が、2月25日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。
  7. 牛久市のひな祭りが3月3日(土)まで同市中央生涯学習センターで開かれている。
  8. 地域の子どもたちの「孤食」の解消しようと、このほど土浦市社会福祉協議会といばらきコープ生活協同組合が市総合福祉会館に子ども食堂「ほぺたん食堂」を本格オープン。初日は35人の市民らが訪れた。
  9. レンコンや落花生など、阿見町産の農産物を食材に活用した菓子や総菜が月1回、同町役場に並んでいる。
  10. 古くは万葉集に詠まれるなど日本人に親しまれ、「春告草」とも呼ばれる梅。多くの来場者を集める茨城の二大梅まつりが、今年も筑波山と偕楽園で開幕した。そろそろつぼみが開きそうな2月初旬、筑波山梅林を観光ボランティアと散歩。5回目の訪問だが、新しい発見や楽しみ方を教わった。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 牛久シャトー内レストラン 「キャノン」のデザートフェアが、2月26日(月)〜3月2日(金)の5日間限定で開催される。
  2. かすみがうら市西野寺にある胎安(たやす)神社の「平成30年祈願祭」が、3月3日(土)に開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「学園の森」現地案内会
  2. 取手、2月28日まで「里山の鳥」写真展
  3. 高校生2人がパネル展
  4. 3月3日まで「うしくのひなまつり」
  5. 2月25日まで、土浦で「はたおり」作品展
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー