茨城県地域情報紙「常陽リビング」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 自然農田んぼ塾で米作りしませんか
印刷表示
2017年3月17日(金)

自然農田んぼ塾で米作りしませんか

不耕起・無農薬・無堆肥

認定NPO法人宍塚の自然と歴史の会では、自然農田んぼ塾の参加者を募集している。

同NPO(及川ひろみ理事長)は、多彩な動・植物が生息する土浦市の宍塚大池と周辺里山を保全しようと、市民や研究者が1989年に発足。大池近くの耕作放棄水田も復田させ、市民参加のオーナー米制度や田んぼの学校など自然への関心を高める活動を展開。自然農田んぼ塾もその一つで、「耕さず草や虫を敵とせず」を提唱する山口由一さんの自然農法に基づく不耕起・無農薬・無堆肥で米作りを行い、一昨年からは新しい方法も組み合わせている。

今年の作付けは黒米(酒米)やうるち米、赤米(もち米)、古代米、まんげつもち、プリンセスサリー(香り米)ほか計9品種。塾生には収穫米を配分する。作業日は木曜・土日の午前中で、2カ月に1回の会議や料理教室、他団体との交流もある。年会費2000円。申し込みはメール(住所、氏名、電話番号、メールアドレス明記)か電話で受け付ける(3月末締め切り)。

Tel 080(5414)0769/菊地さん

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2017-03-17 08:30:02 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-04-27更新 ]
  1. ブラフマンやマンウィズアミッションなど茨城ゆかりのバンドが出演し、豪雨被害を受けた常総市を支援した2016年5月の音楽フェス「ダッペロックス」。会場で販売されファンをボランティア活動に促した「常総再生Tシャツ」が、このほど東日本大震災の被災地・岩手県大船渡市で産声を上げるライブハウスの防音材として使われた。ファンの間で伝説となったフェスを企画したバンドマンが伝えたメッセージは、形を変え次世代に受け継がれている。
  2. 県南3店舗目となる「葉山珈琲 土浦店」が4/25(火)朝10時にオープンする。
  3. 牛久市にある、世界の名車販売&車検・整備「ENZO(エンゾウ)」は、世界のビンテージカーやクラシックカー、スーパーカーなど常時約50台の在庫(展示20台)をそろえている。
  4. つくば市にある「パティスリーマグノリア」では、春を味わうケーキが期間限定で販売されている。
  5. 土浦市にある洋食「大かわ」では、この時期だけ楽しめる大人気の「オムハヤシ」が、4月15日から登場!
  6. 踊りや和太鼓などを楽しむ「竜ケ峰の春まつり」が、4月30日(日)土浦市の県立中央青年の家で開かれる。
  7. 季節の食材を使った優しい味わいのケーキが人気のアンファミーユ土浦店では、「1周年記念フェア」を4月22日(土)と23日(日)に実施する。
  8. 天然芝のフェアウエーと自動ティーアップシステムが好評のゴルフ練習場グリーンサイドクラブでは、額賀辰徳プロによるトークショー&ワンポイントレッスン会を5月7日(日)午後2時から開催する。
  9. 3歳〜5歳の幼児と保護者対象の「親子で楽しもう!サッカー体験教室」が、5月5日(祝)セキショウチャレンジスタジアムで行われる。
  10. つくば市内の研究施設を巡るつくばサイエンスツアーバスのGW特別企画「スタッフガイド同行コース」が、4月29日(祝)と30日(日)、5月4日(祝)〜6日(土)に実施される。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. ホテルラウンジのような上質空間で朝食からディナーまで楽しめるつくば市の「ウエスト珈琲ハウス」では、14:30から提供する「究極のパンケーキ」が話題沸騰中。
  2. 土浦市にある土浦まちかど蔵「喫茶・蔵」では、1892年(明治25)建造のレトロな雰囲気の蔵で静かなひとときを過ごせる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. こどもの日「平安装束着装体験」
  2. GWは子ども向けイベント多彩
  3. 5月5日つくばで、親子で楽しむサッカー体験教室
  4. 5月7日トークショー&ワンポイントレッスン会
  5. 4月30日「竜ケ峰の春まつり」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー