茨城県地域情報紙「常陽リビング」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 3次元を体験する企画展
地図表示 印刷表示
2017年3月21日(火)

3次元を体験する企画展

つくばエキスポセンター

コンピューターを利用した曲線折り紙(企画展監修/筑波大学システム情報系教授三谷純氏)
コンピューターを利用した曲線折り紙(企画展監修/筑波大学システム情報系教授三谷純氏)

つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。

コンピューターの発達で進化する3次元に関する技術や最新研究に、3つのゾーンを通して実際に体験しながらふれる企画。「つくる」では、コンピューターを利用した複雑な折り紙作品や3Dプリンターなどを紹介。「みる」では、バーチャル・リアリティーや裸眼立体ディスプレイで3次元の形を見る。「感じる」では、触力覚技術や触覚ディスプレイなどで3次元の形を感じられる。

また、3月の土・日・祝日にはサイエンスショー「火山のひみつ」と科学教室「ゴム動力飛行機」、26日(日)にはミーツ・ザ・サイエンス「ニホニウム〜宇宙の元素誕生から113番元素合成まで〜」(HPから事前予約制)など多彩なイベントを予定しているほか、プラネタリウムでは春の番組を上映中。

■問い合わせ
Tel 029(858)1100/つくばエキスポセンター(つくば市吾妻2-9)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-03-21 10:30:10 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-03-28更新 ]
  1. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
  2. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  3. 美しく可憐なスイセンが約550種、約100万本咲き誇る「スイセンファンタジー」が、4月7日(金)までひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開かれている。
  4. 特別展「土浦八景—よみがえる情景へのまなざし」が、5月7日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。
  5. 石岡市を中心に素材からこだわった物作りを行う作家が集まる「山の園舎の中庭マーケット」が、3月26日(日)旧ほしのみや幼稚園で開かれる。
  6. 薄紫のかれんなカタクリ草を楽しむ「筑波山頂カタクリの花まつり」が、4月1日(土)〜20日(木)まで開催される。
  7. 今話題の食材を食べて、学んで楽しめる「食の輪協演まつり」が、4月2日(日)土浦地方卸売市場で開かれる。
  8. ファッション、インテリア、車を融合した遊び心あふれる暮らしを提案するイベント「ライフスタイルアップつくば」が、4月23日(日)までイオンモールつくばで開催されている。
  9. 龍ケ崎市民ウォークラリー大会が、4月9日(日)に行われる。
  10. つくば市のベーカリー「ピジョンポスト」では、店内および商品のリニューアルを記念した「感謝フェア」を3月25日(土)に実施する。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  2. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 家具の修理を受け付け中
  2. カタクリの花まつり
  3. 藩主が選び、町人に伝わる 特別展「土浦八景」
  4. 歩いて発見、町の魅力「龍ケ崎市民ウォークラリー」
  5. リビング◆クッキング
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー