茨城県地域情報紙「常陽リビング」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 牛久市×LINEスタンプJCがデザイン案募集中
印刷表示
2017年3月9日(木)

牛久市×LINEスタンプJCがデザイン案募集中

稀勢の里、シャトー、大仏

チラシから
チラシから

牛久青年会議所では、牛久の特色を生かした無料通信アプリ「LINE」スタンプのデザイン案を募集している。

稀勢の里や牛久大仏、シャトーカミヤやカッパなどをモチーフにイラストを募ることで、新旧両住民に街への愛着や関心を持ってもらおうと企画。「絵が苦手な人はデザイン案を文章で表現してもOKです」と事務局。作品は同市在住の映画監督でデザイナーの飯塚貴士さんがLINEスタンプに再デザイン。採用者は4月29日(祝)開催の「うしく特色フェスタ」で表彰する。

希望者は住所、氏名(ニックネーム希望者は別途記載)、電話番号、イラスト(JPGまたはPDFデータ)またはデザイン案文章を明記してメールかファクス、郵便で送る(3月15日(水)締め切り)。

〒300-1232牛久市上柏田4-1-1牛久市商工会館4F(一社)牛久青年会議所
Fax 029(874)7004

■問い合わせ
Tel 090(4130)7267/同会議所まちづくり委員会・篠木さん

■ Mail

記事配信 [ 2017-03-09 08:30:28 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-03-27更新 ]
  1. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
  2. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  3. 石岡市を中心に素材からこだわった物作りを行う作家が集まる「山の園舎の中庭マーケット」が、3月26日(日)旧ほしのみや幼稚園で開かれる。
  4. 昭和初期に建築された懐かしい木造校舎を活用してアートや音楽を楽しむ「女化春祭り〜春一番のおもてなし」が、3月25日(土)牛久市女化青年研修所で開かれる。
  5. 美しく可憐なスイセンが約550種、約100万本咲き誇る「スイセンファンタジー」が、4月7日(金)までひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開かれている。
  6. つくば市のベーカリー「ピジョンポスト」では、店内および商品のリニューアルを記念した「感謝フェア」を3月25日(土)に実施する。
  7. 大人のナチュラル系セレクトショップ「mou_cotton(ムーコットン)」が、このほどつくばクレオスクエア・キュート2階にオープンした。
  8. 太平洋戦争の決戦場となった「レイテ島の戦い」について語る講演会が、3月26日(日)阿見町の予科練平和記念館で行われる。
  9. 古来、人々の暮らしに根付いてきた藍染めの衣類や収蔵品からその歴史を振り返る企画展「藍あざやかに」が3月31日(金)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  10. 春休みの子どもたち向けの紙芝居や本のリサイクルフェアが、3月29日(水)取手市立ふじしろ図書館で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  2. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 約100万本が咲き誇るスイセンファンタジー
  2. 見て食べて、学んで楽しめる「食の輪協演まつり」
  3. すべての子どもを幸せに
  4. 3月25日〜4月9日土浦で桜まつり
  5. 生活の中の「藍染め」企画展
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー