茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 3月18日に「いかっぺ市」
地図表示 印刷表示
2017年3月14日(火)

3月18日に「いかっぺ市」

土浦地方卸売市場で特別イベントを開催

鮮魚詰め合わせの様子
鮮魚詰め合わせの様子

土浦地方卸売市場では、市民参加の感謝市「いかっぺ市」を3月18日(土)に開催する。午前9時〜11時半。

いかっぺ市は毎月第1・第3土曜に開催。青果部は午前9時半から大玉リンゴ2個とデコポン2個を1袋300円、水産部では鯛などの鮮魚詰め合わせを1袋500円で販売する(午前9時から整理券配布、同10時販売開始)。そのほか一般飲料品や食品、日用品など各種商品も格安販売(いずれも売り切れ次第終了)。

また、昨年初開催し大好評だった「食の輪協演まつり」を4月2日(日)午前10時〜午後1時半に開催。今年は「食の発信基地だからこそ『できる、学べる、楽しめる』食育イベント」をキャッチフレーズに、盛りだくさんの内容が予定されている。

■問い合わせ
Tel 029(843)2191/土浦地方卸売市場(土浦市卸町1-10-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-03-14 09:30:47 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-08-23更新 ]
  1. 古来、日本人が描いてきた地獄に関する書物や絵巻物などを紹介する企画展が、8月31日(木)まで国立公文書館つくば分館で開かれている。
  2. リニューアルした常総市地域交流センター1階に、市内の名産品が集まる直売所が9月30日までの土曜・日曜限定でオープンしている。
  3. 全国から作家や雑貨店などが出店する手作り品の販売会「手作り・雑貨&クラフトフェア」が、9月9日(土)と10日(日)つくばカピオで開催される。
  4. 県内全域で中古車の出張買い取りを行っているカーレポ株式会社では、親子で楽しめる「リサイくるまつり」を8月26日(土)同社ひたちなか工場で開く。
  5. 流通経済大学スポーツ健康科学部では、研究を目的とした血管年齢測定の希望者を募集している。
  6. 夏休みの自由研究にも役立つ子どもたち向けの講演会「飛行機はなぜ飛ぶの?ブーメランの不思議な飛行」が、8月26日(土)阿見町の予科練平和記念館で開かれる。
  7. フォトスタジオ・パセオヌエボつくばでは、2019年に成人式を迎える女性を対象とした「成人振袖試着会」を8月26日(土)〜28日(月)に開催する。
  8. 「がませんべい」など地元つくばや茨城土産を企画・販売する株式会社オーヤマでは、筑波学院大学の学生がデザインしたかわいらしいパッケージの「おいもちゃん」を新発売した。
  9. 土浦界隈まちづくり研究会では、土浦市のまちかど蔵野村隣接の「井戸端庵」で開かれる「古美術の見方・楽しみ方講座」の参加者を募集している。
  10. IT人材不足などを背景に、2020年からプログラミング教育が小学校で必修化される。担任教諭の負担増や技術不足が懸念される中、早くも都内を中心に民間の同教室が急増。子どもたちの興味は膨らむ一方だが、「家で教えてと言われたらどうしよう」と、不安を募らせる親たち。そこで、筑波大学大学院システム情報工学研究科助教の渡辺知恵美さんが、お母さん向けプログラミング教室をスタートさせた。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. さまざまな分野での利用が注目されるドローンの操縦から運航管理までを学べる「JUIDA認定講座」が、10月から土浦市の筑波研究学園専門学校で開かれる。
  2. プロ野球イースタン・リーグ「北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズ」戦が、9月2日(土)牛久運動公園野球場と3日(日)J:COMスタジアム土浦で開催される。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「豊田城」に名産品直売所
  2. 9月9日・10日、手作り品の大販売会
  3. 国立公文書館つくば分館で「おもしろ地獄」展
  4. 「血管年齢」測定参加者募集
  5. 女性対象の成人振袖試着会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー