茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 3月18日〜4月9日まで「桜まつり2017」
地図表示 印刷表示
2017年3月14日(火)

3月18日〜4月9日まで「桜まつり2017」

桜を使ったクラフトビールを提供

250本の桜を見ながらBBQが楽しめる
250本の桜を見ながらBBQが楽しめる

牛久市にあるシャトーカミヤでは、園内の桜の開花に合わせた「桜まつり」を3月18日(土)〜4月9日(日)まで開催する。入場無料。

期間中はライトアップも行われ、桜の見頃に合わせて週末には園内各所にフード・ドリンクコーナーもお目見えする。バーベキューガーデンでは桜まつりに合わせた肉の盛り合わせ(2500円)のほか、ビアレストランのラ・テラス・ドゥ・オエノンの花見ランチ(2500円)、レストランキャノンの桜まつり特別コース(2500円〜)など各種用意。

そのほか、桜の花から採った酵母を使った「桜酵母ビール」や、国産の桜の葉を漬け込んで醸造した発泡酒「満開ラガー」(各330ミリリットル、540円)など、同施設でしか味わえない春限定のクラフトビールを販売する。また、「ワインショップ」では花見に便利なスクリューキャップワインも用意している。

■問い合わせ
Tel 029(873)3151/シャトーカミヤ(牛久市中央3-20-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-03-14 09:30:15 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-06-23更新 ]
  1. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
  2. 筑波大学の研究センター「みんなの使いやすさラボ」では、「ドライブレコーダで守る運転安全」と題した講演会を6月28日(水)つくばイノベーションプラザで開く。
  3. 県内唯一の百貨店・京成百貨店による「お中元ギフトセンター」が7月17日(月)までの期間限定でクレオ1階・クレオガーデンに開設している。
  4. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  5. 茨城オープンつくば市長杯男女テニストーナメントの本選が、6月26日(月)〜7月2日(日)まで二の宮公園コート・万博記念公園コートで開催される。
  6. 暮らしに寄り添う木製品に触れてもらおうという企画展「木と子ども展」が、6月25日まで石岡市のこんこんギャラリーで開かれている。
  7. 牛久市のシャトーカミヤでは、北海道の食材を使用したフェアを6月25日(日)まで実施している。
  8. ミサワホームイングつくば研究学園店では、耐震セミナー「備えよう。考えよう住まいと地震のこと」を、7月1日(土)タカラスタンダードつくばショールームで行う。
  9. 住友林業ホームテックつくば支店では、二世帯がそれぞれ快適に暮らせる増築を施した住まいの完成実例見学会を6月25日(日)つくば市篠崎で開催する。
  10. 土浦市内でロケが行われた映画を大型スクリーンで楽しむ上映会が、6月30日(金)土浦市役所市民ラウンジで開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 牛久市のシャトーカミヤでは、北海道の食材を使用したフェアを6月25日(日)まで実施している。
  2. フレンチレストラン・ミルフルールでは、6月14日の開店11周年を記念して感謝価格の特別コースを30日(金)まで提供している。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 土浦に7月オープン―無料体験会も実施―
  2. 「お中元ギフトセンター」つくばに開設
  3. 「備えよう。考えよう住まいのこと地震のこと」
  4. ドライブレコーダで守る運転安全
  5. 6月25日、住友林業リフォーム完成実例見学会
四川飯店アルファ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー