茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > つくばサイエンスツアーバス参加者募集
印刷表示
2017年3月8日(水)

つくばサイエンスツアーバス参加者募集

英語ガイドで科学の街探索

科学の街・つくばの研究施設を英語で見学・体験する小学生と保護者対象のイベントが、3月18日(土)と21日(火)に行われる。詳細は次の通り。

▽18日「サイエンスforキッズ」午前9時〜午後4時=午前は地図と測量の科学館(国土地理院)を見学後、筑波実験植物園(国立科学博物館)を見学。午後はつくばイノベーションプラザで筑波大学留学生による「5つの科学実験教室」を体験する。参加費350円(実験参加者のみ)、入園料310円(18歳以上)、バス運賃大人500円、小学生以下250円が別途必要。

▽21日「Japanese History and Latest Technology Tour」午前9時15分〜午後3時半=午前は国立公文書館つくば分館でバックヤードツアーと和綴じ本作成を体験。午後はサイバーダインスタジオを見学しロボットスーツHAL の遠隔操作を体験する。参加無料。両日とも定員先着40人。希望者はWEB「つくばサイエンスツアー」から申し込む。

■問い合わせ
Tel 029(863)6868/つくばサイエンスツアーオフィス

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2017-03-08 08:30:16 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-07-26更新 ]
  1. 阿見町の夏を彩る「まい・あみ・まつり」が、8月5日(土)と6日(日)同町総合福祉会館周辺で行われる。
  2. 子連れでもヒップホップやレゲエ音楽が楽しめる野外フェスが、7月30日(日)小美玉市の空のえき「そ・ら・ら」で開かれる。
  3. 栄養豊富な地元有機栽培の野菜をたっぷり味わえる「食堂三日月」が、このほどつくば市吉瀬にオープンした。
  4. 肝臓病について知識を深める「いばらき肝炎デー2017」が、7月29日(土)つくば国際会議場で開催される。
  5. NPO法人霞ケ浦アカデミーでは、8月20日(日)行方市の霞ケ浦ふれあいランド水の科学館でカヌー体験教室を開く。
  6. 夏の夜に野外で本物の音楽を楽しみ、新住民同士の交流を図る「トワイライト音楽祭」が、7月29日(土)研究学園駅前公園で開かれる。
  7. 古民家再生や木造建築を手掛けるけんちく工房邑では、「民家型モデルハウス」の宿泊体験を実施している。
  8. 高さ約14メートルの柱に舞男と呼ばれる演者が登って妙技を繰り広げる国選択・県指定無形民俗文化財「撞舞」が、7月23日(日)夕刻、龍ケ崎市根町の撞舞通りで行われる。
  9. デビス杯のシングルス・ダブルス共に日本代表最多勝利・最多出場記録保持者の鈴木貴男プロから指導を受けられるテニス教室が、8月27日(日)筑波北部公園で開かれる。
  10. 去る6月、ドイツで行われた世界卓球選手権混合ダブルスで見事金メダルを獲得した吉村真晴・石川佳純ペア。同種目の日本勢金メダルは48年ぶりの快挙に加え、誰もが諦めかけた苦境からの大逆転が大きな感動を呼んだ。そんな試合を吉村選手の父・弘義さんは冷静な目で観戦し「バック、フォアを強化しないとね」と分析。父であると同時にコーチとして厳しく・温かく息子を見守る。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 古民家再生や木造建築を手掛けるけんちく工房邑では、「民家型モデルハウス」の宿泊体験を実施している。
  2. 夏の夜に野外で本物の音楽を楽しみ、新住民同士の交流を図る「トワイライト音楽祭」が、7月29日(土)研究学園駅前公園で開かれる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「まい・あみ・まつり」2017
  2. 親子連れでヒップホップやレゲエ楽しんで
  3. 7月29日、つくばで「肝炎デー」イベント
  4. 8月20日、霞ケ浦でカヌー体験
  5. リビング◆クッキング
四川飯店アルファ
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー