茨城県地域情報紙「常陽リビング」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 「筑波山梅まつり」3月20日まで開催
地図表示 印刷表示
2017年3月2日(木)

「筑波山梅まつり」3月20日まで開催

春を彩る梅1000本

関東の富士見百景「筑波山梅林」
関東の富士見百景「筑波山梅林」

筑波山梅林の多彩な梅を楽しむ「第44回筑波山梅まつり」が、3月20日(祝)まで開かれている。

筑波山中腹(標高約250メートル)に位置する梅林には白梅や紅梅、緑がく梅など約30種類、計約1000本の梅が見ごろを迎え、散在する筑波石とのコントラストは独特の野趣。「展望あずまや」から望む富士山の風景は関東の富士見百景の一つになっている。

期間中は梅茶の無料サービスとガマの油売り口上が行われ、日曜には野点茶会(200円)がある。隣接する「フォレストアドベンチャー・つくば」では梅の枝のペン作り(1本100円)やホットサンド作り(1セット2人分400円)などアウトドア体験もできる。

また、会場とつくば市内各店舗では梅を使った期間限定メニュー「つくばの梅食(うめ〜しょく)&甘梅(かんばい)」や各店舗オリジナルにアレンジした「つくばうどん」ほか、土日には個数限定の「梅まつり特別弁当」の販売もある。詳しくはホームページ「筑波山梅まつり」で検索。

■問い合わせ
Tel 029(869)8333/つくば観光コンベンション協会

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-03-02 10:30:35 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-03-27更新 ]
  1. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
  2. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  3. 石岡市を中心に素材からこだわった物作りを行う作家が集まる「山の園舎の中庭マーケット」が、3月26日(日)旧ほしのみや幼稚園で開かれる。
  4. 美しく可憐なスイセンが約550種、約100万本咲き誇る「スイセンファンタジー」が、4月7日(金)までひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開かれている。
  5. 昭和初期に建築された懐かしい木造校舎を活用してアートや音楽を楽しむ「女化春祭り〜春一番のおもてなし」が、3月25日(土)牛久市女化青年研修所で開かれる。
  6. つくば市のベーカリー「ピジョンポスト」では、店内および商品のリニューアルを記念した「感謝フェア」を3月25日(土)に実施する。
  7. 大人のナチュラル系セレクトショップ「mou_cotton(ムーコットン)」が、このほどつくばクレオスクエア・キュート2階にオープンした。
  8. 太平洋戦争の決戦場となった「レイテ島の戦い」について語る講演会が、3月26日(日)阿見町の予科練平和記念館で行われる。
  9. 古来、人々の暮らしに根付いてきた藍染めの衣類や収蔵品からその歴史を振り返る企画展「藍あざやかに」が3月31日(金)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  10. 春休みの子どもたち向けの紙芝居や本のリサイクルフェアが、3月29日(水)取手市立ふじしろ図書館で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  2. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 約100万本が咲き誇るスイセンファンタジー
  2. 見て食べて、学んで楽しめる「食の輪協演まつり」
  3. すべての子どもを幸せに
  4. 3月25日〜4月9日土浦で桜まつり
  5. 生活の中の「藍染め」企画展
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー