茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 「筑波山梅まつり」3月20日まで開催
地図表示 印刷表示
2017年3月2日(木)

「筑波山梅まつり」3月20日まで開催

春を彩る梅1000本

関東の富士見百景「筑波山梅林」
関東の富士見百景「筑波山梅林」

筑波山梅林の多彩な梅を楽しむ「第44回筑波山梅まつり」が、3月20日(祝)まで開かれている。

筑波山中腹(標高約250メートル)に位置する梅林には白梅や紅梅、緑がく梅など約30種類、計約1000本の梅が見ごろを迎え、散在する筑波石とのコントラストは独特の野趣。「展望あずまや」から望む富士山の風景は関東の富士見百景の一つになっている。

期間中は梅茶の無料サービスとガマの油売り口上が行われ、日曜には野点茶会(200円)がある。隣接する「フォレストアドベンチャー・つくば」では梅の枝のペン作り(1本100円)やホットサンド作り(1セット2人分400円)などアウトドア体験もできる。

また、会場とつくば市内各店舗では梅を使った期間限定メニュー「つくばの梅食(うめ〜しょく)&甘梅(かんばい)」や各店舗オリジナルにアレンジした「つくばうどん」ほか、土日には個数限定の「梅まつり特別弁当」の販売もある。詳しくはホームページ「筑波山梅まつり」で検索。

■問い合わせ
Tel 029(869)8333/つくば観光コンベンション協会

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-03-02 10:30:35 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-10-22更新 ]
  1. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
  2. 県内の人気コロッケ店が集合する催しが、10月22日(日)龍ケ崎市役所駐車場で行われる。
  3. 「つくば産業フェア&農産物フェア」と「健康フェスタ」が、10月21日(土)と22日(日)つくばカピオと大清水公園で開催される。
  4. つくば市北条、神郡、臼井地区の風景の中に造形作品を置いた「アートセッションつくば2017」が、11月12日(日)まで行われている。
  5. つくば市にある「会津蕎麦 あずまや」では、福島県会津美里町産のそば粉を使用し、「風味とコシと喉越しの良さ」を大切にした二八そばが味わえる。
  6. 重度脳性まひの詩人・藤枝利教さんが12年間温めた絵本『3粒のぶどう家族』をこのほど出版、10月14日(土)つくば市内で朗読会&原画展が開かれる。少年期に受けた虐待の経験を基に、一文字ずつ紡いだ一房の家族の物語—。藤枝さんは、「絵本を通し、相談することの大切さを知ってほしい」と呼び掛けている。
  7. 大人だってワクワクしたい!かすみがうら市にある「ウエストハウス神立店」では、大人のためのお子様ランチ「カーニバルセット」が人気。
  8. 神立商工振興会では、神立の地名にちなんだ「神盛り」と称した大盛りメニューを作成。JR神立駅近くの飲食店など12店で11月30日(木)まで提供している。
  9. 取手市のシンク設計事務所では、「分離発注方式」の家完成見学会を10月21日(土)と22日(日)龍ケ崎市内で開催する。
  10. 縄文時代の暮らしをテーマに多彩なイベントを行う「陸平縄文ムラまつり」が、10月22日(日)美浦村の縄文遺跡・陸平貝塚公園で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 大人だってワクワクしたい!かすみがうら市にある「ウエストハウス神立店」では、大人のためのお子様ランチ「カーニバルセット」が人気。
  2. 「葉山珈琲」があのハーゲンダッツとスペシャルコラボ。4種の秋季デザートは期間限定提供なので早めの来店がお勧め。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 10月22日、人気コロッケ20店が出店
  2. 11月12日まで「アートセッションつくば」
  3. 麗しきミュシャの世界へ
  4. 原田幸明さんが語る
  5. 個性光る住宅完成見学会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー